探すのをやめたとき愛は見つかる・再び

今日はこれ
ザ・ワーク 人生を変える4つの質問 / 原タイトル:LOVING WHAT IS (単行本・ムック) / バイロン・ケイティ/著 スティーヴン・ミッチェル/著 ティム・マクリーン/監訳 高岡よし子/監訳 神田房枝/訳
をご紹介します。
少し前に探すのをやめたとき愛は見つかる
をご紹介したのですが
同じ著者の同じワークについての本です。
このワークをちゃんと自分のこととして行うと
こころと頭のおしゃべりをきちんと整理整頓できて
愛の天国に戻ることができます。
そんな簡単に?と思われるかもしれませんが本当です。
このワークが機能しない場合は
その人はこう思っているかもしれません。
この痛みの原因は自分以外の何かにあるはず。
こんな苦しみをそう簡単に片付けられては困る。
私のアイデンティティが無意味になってしまうから。
みんなの不幸はそうかもしれないけれど
私の場合は当てはまらない。
もっと深い理由があってこうなっているに違いない。
だから解決法ももっと難しくなくてはならない。
痛みが現にあるというのに消えるはずがない。…
もしそういう考えが浮かんだとしたら
やはりこのワークは有効です。
その思い込みをちょっと脇に置いて、
あるいはその考え自体をワークしてみればいいだけのことですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。