ゲームから降りる

前回の日記を書いた後「ニクソン」という映画のDVDを借りて見たら
ニクソン大統領が「私は勝ちたいんだ、負けが嫌いだ!」とか
「幸せは戦いに勝った後でいい」「幸せには興味が持てない。戦っていたいんだ」
とかいうセリフがもろに出てきて
まるで先に「ニクソン」の感想文を書いたみたいだと思った。
ニクソンさんは清貧の家庭環境で
ご両親から厳しくそして、敬虔なクリスチャンとして育てられたけれども(がゆえに)
どうしても戦いから降りることができなかったという風に
その映画には描かれていました。
ひとつのことを成し遂げるのは立派なことだと世間では言われていますが
多くの人間は、そのアイデンティティを失うのが恐くて
ゲームを降りることができません。
ゲームを降りて静けさが来るのがこわいのです。
静けさの中から最初に出てくるのは
ゲーム中に自分の行った所業への自責の念や
ゲームに明け暮れて本当は自分が何も得ていないという事実への気づきです。
ですが人間の本当の平安は
そういった想念と向き合うことでしか訪れることはないでしょう。
多くの人は何かに夢中になることで
そういった虚無へのおそれを忘れようとします。
でも本当に逃げ切れる人はいません。
本当の勇者は立ち止まって
その巨大なおそれに立ち向かいます。
そしてそれを認め、受け入れ、そこから別の生き方を模索します。
人間の魂が本当に糧とする貴重な記憶とは
どれだけ愛について学んだか、だけです。
人生は体験することに意義があるだとか、自分を信じて、とか
よくスピリチュアルの世界では言いますが
体験には魂が伴っていなければなりません。
魂が伴った体験をすれば
それが形として成功であろうと失敗であろうと
やがてそこから愛について学ぶことができます。
また自分を信じるというと
自分の思考や感覚を信じることがいいのだという誤解が生まれますが
本当は思考や五感を超えた内なる真実、真の自我をみつけないと
自己は信じるに値しません。
思考の司る範囲は肉体と同じくらい狭く
時間とか順番とか比較などによって仕切られています。
この世で見た世界(五感で知覚した世界)を規範に条件付けられています。
五感は人間の肉体に付随する知覚ですから
その五感によって物事を知覚すれば
私たちの意識はその肉体に閉じ込められてしまうことになります。
ですが、愛とか魂とか内なる真の自我というものは
それらの尺度では計り知れないものです。
魂や真の自己による直覚に基づく理解、
つまり悟りという意識に目覚めることが重要になります。
それは瞑想することでしか到達できません。
「ニクソン」を見て
またしてもその中に今を見ました。
結局人間は物理的に何かを達成したかに見えても
その中身はほとんど進歩していないのだとつくづく思います。
満足するのは自尊心への飢えだけで、しかも効力は一時的なものです。
そしてそれは過去からやってくる脅迫的な衝動によるものがほとんどすべてです。
ホ・オポノポノがあらゆる記憶をクリーニングせよと言っているのはそのためです。
この世のすべての仕事は
他者への奉仕のためにあります。
その奉仕を提供して、代わりに今日のご飯をいただきます。
とてもとてもシンプルです。
大統領であってもそうです。
でも大統領になるためには勝ち続けなくてはならず
負けるわけにいきません。
いつの間にか、それが目的にすり替わってしまいます。
勝つためならおそよ、どんなことでもする。
その理由に「国民の安全のため」とか「国家の発展のため」とか「家族を守るため」
というようなまっとうな感じのする「理由」がつきます。
そして多かれ少なかれ、規模は小さくても
こういうことを誰もがしています。
多くの場合、理由は理由になっていません。
その動機に欲求を満たしたい衝動がある限り
それは正当化するための言い訳にしかなりません。
私たちが本当に搾取を止め、戦争を終わらせ、平和を実現するには
武器も言い訳も正当な理由も手放す準備をしなくてはなりません。
多くの善良な人にとって、一番手放すのが難しいのは当然「正当な理由」です。
ですが、愛にも平和にも本当は正当な理由はいりません。
それそのものが、神の法律だからです。
ただ、私たちがその王国に帰ればいいのです。
もしあなたが王国に帰るなら
その王国のすばらしさへの感動があなたからあふれ
周囲の人を巻き込むでしょう。
周囲の人はあなたの中に天国を見ます。
あなたにとって、ゲームから降りていない人は等しく
負けも勝ちも関係なく
また正義も不正も関係なく
ただ救われることを待つ人となるでしょう。
世の中で起こっている不正は山ほどあり
時としてその巨大さ強大さに押しつぶされそうに感じることもあります。
けれど内なる王国に帰るとき
それらのすべては私のうちにあった一つのドラマだと気づきます。
誰もが巻き込まれる可能性のある、共同幻想にすぎません。
その間違い役がたまたま彼だったに過ぎません。
その彼を赦すとき、奇跡が生まれるでしょう。
どうぞすべての人に幸せへの道が示されますように。
すべての人がゲームを降りて幸せの真の価値に目覚めることができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です