ゲームから降りる

前回の日記を書いた後「ニクソン」という映画のDVDを借りて見たら
ニクソン大統領が「私は勝ちたいんだ、負けが嫌いだ!」とか
「幸せは戦いに勝った後でいい」「幸せには興味が持てない。戦っていたいんだ」
とかいうセリフがもろに出てきて
まるで先に「ニクソン」の感想文を書いたみたいだと思った。
ニクソンさんは清貧の家庭環境で
ご両親から厳しくそして、敬虔なクリスチャンとして育てられたけれども(がゆえに)
どうしても戦いから降りることができなかったという風に
その映画には描かれていました。
ひとつのことを成し遂げるのは立派なことだと世間では言われていますが
多くの人間は、そのアイデンティティを失うのが恐くて
ゲームを降りることができません。
ゲームを降りて静けさが来るのがこわいのです。
静けさの中から最初に出てくるのは
ゲーム中に自分の行った所業への自責の念や
ゲームに明け暮れて本当は自分が何も得ていないという事実への気づきです。
ですが人間の本当の平安は
そういった想念と向き合うことでしか訪れることはないでしょう。
多くの人は何かに夢中になることで
そういった虚無へのおそれを忘れようとします。
でも本当に逃げ切れる人はいません。
本当の勇者は立ち止まって
その巨大なおそれに立ち向かいます。
そしてそれを認め、受け入れ、そこから別の生き方を模索します。
人間の魂が本当に糧とする貴重な記憶とは
どれだけ愛について学んだか、だけです。
人生は体験することに意義があるだとか、自分を信じて、とか
よくスピリチュアルの世界では言いますが
体験には魂が伴っていなければなりません。
魂が伴った体験をすれば
それが形として成功であろうと失敗であろうと
やがてそこから愛について学ぶことができます。
また自分を信じるというと
自分の思考や感覚を信じることがいいのだという誤解が生まれますが
本当は思考や五感を超えた内なる真実、真の自我をみつけないと
自己は信じるに値しません。
思考の司る範囲は肉体と同じくらい狭く
時間とか順番とか比較などによって仕切られています。
この世で見た世界(五感で知覚した世界)を規範に条件付けられています。
五感は人間の肉体に付随する知覚ですから
その五感によって物事を知覚すれば
私たちの意識はその肉体に閉じ込められてしまうことになります。
ですが、愛とか魂とか内なる真の自我というものは
それらの尺度では計り知れないものです。
魂や真の自己による直覚に基づく理解、
つまり悟りという意識に目覚めることが重要になります。
それは瞑想することでしか到達できません。
「ニクソン」を見て
またしてもその中に今を見ました。
結局人間は物理的に何かを達成したかに見えても
その中身はほとんど進歩していないのだとつくづく思います。
満足するのは自尊心への飢えだけで、しかも効力は一時的なものです。
そしてそれは過去からやってくる脅迫的な衝動によるものがほとんどすべてです。
ホ・オポノポノがあらゆる記憶をクリーニングせよと言っているのはそのためです。
この世のすべての仕事は
他者への奉仕のためにあります。
その奉仕を提供して、代わりに今日のご飯をいただきます。
とてもとてもシンプルです。
大統領であってもそうです。
でも大統領になるためには勝ち続けなくてはならず
負けるわけにいきません。
いつの間にか、それが目的にすり替わってしまいます。
勝つためならおそよ、どんなことでもする。
その理由に「国民の安全のため」とか「国家の発展のため」とか「家族を守るため」
というようなまっとうな感じのする「理由」がつきます。
そして多かれ少なかれ、規模は小さくても
こういうことを誰もがしています。
多くの場合、理由は理由になっていません。
その動機に欲求を満たしたい衝動がある限り
それは正当化するための言い訳にしかなりません。
私たちが本当に搾取を止め、戦争を終わらせ、平和を実現するには
武器も言い訳も正当な理由も手放す準備をしなくてはなりません。
多くの善良な人にとって、一番手放すのが難しいのは当然「正当な理由」です。
ですが、愛にも平和にも本当は正当な理由はいりません。
それそのものが、神の法律だからです。
ただ、私たちがその王国に帰ればいいのです。
もしあなたが王国に帰るなら
その王国のすばらしさへの感動があなたからあふれ
周囲の人を巻き込むでしょう。
周囲の人はあなたの中に天国を見ます。
あなたにとって、ゲームから降りていない人は等しく
負けも勝ちも関係なく
また正義も不正も関係なく
ただ救われることを待つ人となるでしょう。
世の中で起こっている不正は山ほどあり
時としてその巨大さ強大さに押しつぶされそうに感じることもあります。
けれど内なる王国に帰るとき
それらのすべては私のうちにあった一つのドラマだと気づきます。
誰もが巻き込まれる可能性のある、共同幻想にすぎません。
その間違い役がたまたま彼だったに過ぎません。
その彼を赦すとき、奇跡が生まれるでしょう。
どうぞすべての人に幸せへの道が示されますように。
すべての人がゲームを降りて幸せの真の価値に目覚めることができますように。

次世代へ残すべきもの

私たちが次世代に本当に残すべきものはなんだろう、と思う。
生きやすい環境?社会システム?食べ物?技術?お金?
それらは私たちが今生きるにおいて必要だったりするものだ。
私たちは現在すでに国土や地球の放射能汚染という現状にさらされている。
未曾有の事態なので、正確な予測はままならないけれど
たとえ近い未来に多くの人間が健康に被害を受けて
多くのいのちが奪われる悲しい経験をしたとしても
その時になればその時残された人間の多く(もしくは一部)は立ち上がって
その事態と戦うことだろうと思う。
今の私たちからは想像もつかないような方法できっと未来を切り開くことだろう。
たとえその時壊滅的な環境だったとしても
そうさせてしまった祖先からの恩恵の負の遺産を受け入れて
その時与えられているちからを使って創意工夫して次の方法を考え作り出すしかない。
これまでだって、人間はそうやって生き残ってきたはずだ。
原発が、放射能が、人道的に問題があると思う人が大勢いても
結局世界に戦争があるうちは
そのような問題は消えてはいかないような気がする。
人権や人の尊厳や愛や平和を大切だという建前のすぐ隣で
人と人が武器を持って命を奪う行為が合法的に行われ正当化されているうちは
先進国だ、人権だ、統治国家だと言っても
何かの目的があれば人は暴力を行い人間の命を奪ってもいいということだ。
目的さえあれば、人は暴力によって人間の命を合法的に奪える。
権力を用いて。法律を用いて。誰かが誰かに命令することによって。
環境に優しい、地球に優しい、人に優しい、なんていう価値観は
本当は誰も本気にしていないのだと言っても過言ではないような事態だと思う。
日本にはたまたま60余年ほど戦争がないけれど
世界で最も支持される価値観は
強いものが勝つ。
勝つものはえらい。
勝つものが富む。
富むものは支配できる。
なのだとつくづく思う。
そして支配するものは戦争をする。
被支配者を利用して。
そしてさらに富むのだ。
日本は今戦争をしていないけれど
原子力やお金や世界とのつながりを通して戦争に加担している。
国の代表者という権力は、国を使ってそういうことをしている。
国が犠牲を負うなら国民も負わなくてはならない。
支配したい人は富みたくて勝ちたくてそのために強くありたい。
そういう価値観で生きてきた人に、
みんなに優しくしてください
国民のために、国民の身になって考えてください、と言っても
きっとわからないんだろうなと思う。 
だって被支配者のことなんか思いやっていたら
支配することなんてできないし
負ける人のことを思いやっていたらきっと勝ちたいなんて思えないだろう。
勝ちたい人は負けることは嫌いだし
弱い人の身になるなんて全然したくないことだろうから。
私はそういう世の中で育ち
社会的強者にはなることはできなかった。
健常者と言われるラインにぎりぎりなんとか滑り込みセーフという感じで立っているのが
精一杯だった。
けれどこうやって生きてきて
おかげで優しい人間たちにたくさん出会えた気がする。
優しくて少し弱かったり
得をすることよりきれいな心でいることのほうを好むような人たち。
たくさん持つことより人に譲るほうが幸せだと知っているような人たち。
みんなが幸せじゃないと自分も幸せじゃないなと思うような人たち。
次世代に私たちが残すべきものは
どんな生き方に価値があって
人間が本当は何を守らなくてはならないか
正しい生き方とはなんなのか
人生の中で私たちが目指すべきものとはどのようなものか
そういったことを探求することがとても重要で
そういった生き方を選ぶことが私たちにはできるのだということを
そういったことについて考えるちからを持っているのだということを
示唆し、体現し、手本となることなのではないかと思う。
そういう生き方をしている限り
私たちは絶望することなく
どのような環境からも立ち上がることができるのだということを
伝えなくてはと思う。
人間の真の価値、真の強さを。その美しさを。
美しい地球を残したいのなら
美しいものを美しいと感じる心を持つ人間を
美しいものに価値があることを知る人間を
価値あるものを守ることができる強さを持つ人間を育てなくては
美しい地球を守ることはできない。
強さは勝つためにあるのではない。
優しくあるためにあるのだ、と小学生の私は思った。
だから私は強くなる。優しい人間であるために、とある日心に誓った。
優しいということには価値がある。
勝つこと以上に。
富む以上に。
支配する以上に。
人間の真の価値を問い、育てる原動力となるほどのパワーがある。
本当の優しさを持つ世界を
その世界を作ることができる人間の生き方をこそ
私は次世代に伝えたいと思う。

愛を生きるためのワーク

一口に思いやり、と言っても
いろいろな段階、いろいろな次元がある。
私たちに理性がなければ思いやりは生まれない。
肉体に付随する本能の機能によって、私たちは利己的にできている。
外界は敵か味方かの2つに分類することが重要であり
敵に対しては攻撃か逃走か、という手段を講じて身の安全を守らなければならない。
そうすることによって自己を保存して生き残ってきた長い歴史がある。
それで聖書ではイエス・キリストが
そうではなく「汝の敵を愛せよ」と言った。
それが理性によって本能的な自己愛(利己主義)の領域から脱出する方法だった。
そこで人は、理性の愛を使って思いやりのある人間であろうとする。
例えば「相手の立場に立って、物事を考える」というようなことだ。
小学校でもそんなことを習ったような気がする。
それも一つとても大事な段階ではあるだろう。
社会的なルールなどを決める時には社会的な弱者の立場に立って
公正で平等になるように考えること、など。
けれど理性の愛は、さらに成熟する。
「相手の身になって、物事を感じる」という風に。
深い思いやりや人間的な優しさ、暖かさを
人が人に感じるとき
恐らくその人は相手の身になって物事を感じ取ることのできる人だ。
そしてさらにそれについて裁くことをせずにあるがままを受け入れることができると
そこには癒しが起こる。
そういう人は人を癒す力を持つ。
理性というと頭で考えることという風に捉えがちだが
理性の愛とは神の愛に通ずる。
私たちは理性によって「感じる」能力を磨く。
「感情的にならず冷静に」という言葉での感情は
自己保存のための利己的な本能からくる衝動であり
理性によって昇華された情緒とは違う。
だから私たちは日々理性を使って内観し、内省し
「恐れ」に対処しようとする本能から来る衝動に気づき、それを手放し
そのスペースに愛を招き入れなくては
より高い自己と統合された熟成した人間になることはできない。
ハートが開いているというのは
このような成熟のことを言うのだと思う。

左から右

つぶやいてご紹介したのですが
それだけでは物足りない気がしたので
日記でもご紹介させていただきます。
瞑想のとき、脳の中でどんなことが起こるのか、ということへの考察のための
参考になると思います。
下記、クリックするとYouTubeに飛びます。
ジル・ボルト・テイラーは、脳科学者として願ってもない研究の機会を持ちました。
自分が脳卒中を起こしたのです。
広範囲に及ぶ脳卒中の発作によって、脳の機能 ―運動、言語、自己認識― が1つひとつ活動を停止していくのを観察しました。その驚くべき内容をお聞きください。

続き