真実の成功 真実のしあわせ

こんなにブログを更新しなかったのは記憶にないほどな気がします。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
大きな台風が日本を直撃しました。
今年はもう台風はたくさん、と思い
直撃は勘弁してしてほしいなぁと願っていましたら
沖縄付近で停滞しながらぐるぐる回って
これはいい感じ、と思っていたら
渋谷の道玄坂の樹木をなぎ倒したそうでびっくりしました。
沖縄みたいです。
いろいろとありますが
外側の現象、印象にだまされずに
内なる宇宙を見て
内なる宇宙と神とともに
人間を全うできますように。
成功という言葉は最近では
社会的な実利を得ることのように捉えられがちで
私もそのような印象を持っていました。
ですから成功哲学とか成功法則、なんていう売り文句は
まやかしだよ、と思っていました。
それ自体が社会的実利を得る目的で存在しているのだ、という風に。
最近パラマハンサ・ヨガナンダの新しい本が出て
タイトルが
パラマハンサ・ヨガナンダの成功の黄金律
です。
まだ読んでいないのですが
これはヨガナンダにとって本意でない内容なのではと一瞬危惧しました。
それでそのすぐ後に
人間の永遠の探求
をぱらっとめくると
「成功とは本当のしあわせを生きることです。
それ以外のなにを得たとしても成功とはいえません。」というところが出てきました。
そうだった、ヨガナンダは成功という言葉をそのように定義していたのでした。
私もこの人生で成功を、探求していきます。
みなさんにもヨガナンダの祝福としあわせへの導きがありますように!

癒しは真理の法則に基づく

ヒーリングとは人間とはなにかという探求に他ならない。
癒しとかスピリチュアルとひとくちに言うけれど
人間とは、存在とは、宇宙とは、神とは、という問いかけなしに
それを行うことはできない。
少し前はたぶん、宗教以外でそういうことを
教えてくれたり探求する場というものがあまりなかっただろう。
恐らく多くの人はいかに生きるべきかなどととう問いはばからしいか虚しいことと考えた。
答えの見つからない問いをしている暇があったら生産せよ、と
多くのおとなたちは子供に教えた。
もしかしたらそういうはっきりとした傾向は
第二次世界大戦の敗戦後の日本に
特に顕著に現れたことかもしれない。
生産性の低い人間は劣っていて価値が低いとみなされる。
価値のある人間とはその逆。
それが昨今ごく普通の一般社会のおおざっぱな価値基準だ。
子供のころからそのように教えられ訓練され
訓練から脱落することを多くの子供は恐れる。
そういった価値観が一つの基準であることは
悪いことばかりではないと思う。
けれど、人間が幸せになる生き方や基準や方法は
なかなか教えてもらえない。
本当はとてもとても大事なことなのに。
人間がいかに生きるべきか。
幸せに生きるためにどのような努力をすればいいのか。
スピリチュアルとは人間という存在が
幸せに生きるための道を教える哲学でありトレーニングだ。
私は人間が幸せになろうと努力することで
真理に出会えると思っている。
本当は私たちはその哲学や真理と別々に生きることはできないのに
私たちは自由意志を用いて
それを意識しないという生き方を選択している。
そうしている限り私たちは
大海に浮かぶ杯の中で奮闘するような生き方をしている。
大海の波の上で必死にバランスをとり
そのことに奮闘することが努力だと思っている。
そしてその大海がなんなのか知ろうとはしない。
そんなことを考えるのは無意味だと信じている。
なぜなら私たちはその杯の上で暮らしているのだから。
杯以外のことを考えるなんて、非現実的な現実逃避だと考えている。
私たちがその大海を知り、波を覚え、
そこで自由に生きることこそが
私たちがこの地上に降りて来た本当の意味だと
どうして言えないだろう。
多くの人が、スピリチュアルや様々なメンタルトレーニングを
杯の上で心地よく生きるための方法だと考えているようだ。
本当の真理に触れたら
その杯はあなたの視野から遠のいていくことだろう。
大海と波が大きな愛とともにあなたのところへ押し寄せてくる。