見えないいと

みなさんいかがお過ごしですか?

昨日は豊崎の美容室で美容師さんから

県外から避難していらしている方がたくさんいらっしゃるとうかがいました。

関東からの妊婦さんが多く、みなさんストレスを抱えていらして

美容室でとても癒されたとおっしゃっているとのことでした。

美容師さんは

「でも放射能はニュースを見てると大丈夫そうだなと安心していましたけど、違うんですかね?」

とおっしゃっていました。

あ、そうなのか、と状況を飲み込むのに一呼吸かかり

その呼吸で彼女は、そうではないと私が思っていることがわかったようでした。

沖縄は距離があるから少し遠く感じますけど、いろんな方のお話が聞けてよかったと思うんです、

と彼女は話してくれました。

 

今回の事故の主役である原発を調べていくと

私たちがこれまで知らずに生きてきた上で

心身の健全性を損ねてきたものの原因は

実はとても身近に、私たちの生活のすぐ下に流れてきた

権力の支配とコントロールが大幅に占めるのはないか、と思うに至ります。 

これまでに私たちが「なにかどうしようもないおおきなもの」のために

個人の意志ではどうにもならない問題として受け止めてきたもの

例えば戦争、例えば伝染病、例えば差別、例えばアレルギー体質、

例えば鬱のような症状、例えば飢餓、例えば貧困、例えば自然災害の一部まで・・・

もしこれらのことが誰かの意志によって意図的にコントロールされていたとしたら

当然のことながら何も知らずにいつか消滅することを願って祈ったとしても

それらはなかなか消滅することはないでしょう。

私たちはそれを強要してくるものに対してNOと決意しなくてはならなくなります。

そこからしか次への進展は生まれないだろうと思われます。 

 

逆に言えば、私たちの意識レベルが高まり

平和と愛の次元で物事を選択し創造するレベルにまで到達したからこそ

これらの低次元でのコントロールが明るみに出て

私たちにNOという表現をさせる準備ができたといえるのかもしれません。

 

いづれにしても、私たちは物事をできる限り意識的に捉え検証し、

愛という知覚に照らして判断し、選択していかなくてはならない

重要な時期に来ていると言えます。

内なる神に常に問いかけ、導きを願い

勇気を持って進んで行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です