愛燦々

みなさんこんにちは。
AZU WORLDにとてもたくさんの方が訪れてくださり感謝しています。
私は人間とスピリチュアルの道を探求していますが
多くのスピリチュアル業界の方のように
ふわっとやわらかく甘い感じ、とか、
こうしていればうまくいく、みたいなことを書かないのに
それでもAZUさんの言葉は温かいとかやわらかいオーラだとか
優しい、とかおっしゃっていただき
本当にありがたく思っています。
私は人間が幸せである道を求めています。
たまたま条件よく、とか運よく、ではなく
すべての人にそれが用意されていると確信しているし
そうでなければそんな幸せは偽者だと思っています。
最初の入り口は心です。
多くの人が、感情というものすら恐れていますが
感情を克服するためには感情という領域と親しまなくてはなりません。
感情を克服するというと、感情を制御するというイメージを持たれるかもしれませんが
それは違います。
感情は内なる神を感じるために存在しています。
喜怒哀楽というものは美しいものです。
それはちょうど、川の流れが美しいのと似ています。
美しい川の流れを眺めていると
心が洗われたり、また悠久の時というものに気づきがもたらされたりするでしょう。
感情の流れというものもそのようなものです。
ところが、川の流れが一部不自然に淀んでしまうと
水が汚れ、腐敗してしまうことがあります。
人間の感情もそうです。
ネガティブな感情のように表現されがちな「怒り」や「悲しみ」は
それ自体は自然で美しいものなのに
無理にそれを押さえつけたり、流れ出ないようせき止めたりしていると
淀みができ、膠着し、腐敗してしまいます。
するとそれは「うらみ」とか「くやみ」というものに変質してしまいます。
怒りは良くないもの、と言われる場合の怒りは
原因を外側のなにものかのせいに押し付けたりするときに生じる
あいつのせいで私は・・・・というような「うらみ」の感情を指しています。
仏さまも、例えば餓鬼畜生のような状態の心に対しては
怒りの形相で立ち向かうことがあります。
本質はひとつである仏の御心も
時と場合では叱ったり、ゆるさん、という風にして
人間の心に潜む「迷妄」というものを一喝して去らせることをします。
神や仏の怒りの奥には悟り、愛、光以外は存在しませんが
私たちの次元に降りてきて私たちの目にそう見せています。
ですが私たち人間の怒りの奥には浄化されざる利己心が隠れていることが多々ありますので
怒りはいけないものと総じて言われています。
でも本当を言えば、怒りという表現の奥にあるものだけが重要であり
怒りそのものを恐れていては、霊的に前進できません。
私は以前キリストの怒りが好き、と書きましたが
あんなこと書いて大丈夫だったろうかと時々振り返っています。
でも、どうしても、やっぱりそれは大丈夫なんです。
厳しさ、という愛はとても高度な愛です。
間違いやすくもあり、誤解をさしはさむ余地のあるものですが
この地球の二元性の世界で成長するためには
絶対に必要なものだからです。

“愛燦々” への10件の返信

  1. こんにちは。
    喜怒哀楽…人が人間らしく生きていくためには一つも欠けてはいけないもののように思います。
    純粋な喜びも、純粋な怒りも、純粋な哀しみも、純粋な楽しみも、それぞれは貴いものだと感じます。
    思いの純度が低くて、欲などの不純物が混じってしまうと色がくすんでしまいます。
    ちょうど、色々な色の絵の具を混ぜすぎてしまったみたいに、茶色っぽい変な色になってしまうんです。
    純粋な思いはとても綺麗です。
    『グラン・ローヴァ物語』という漫画の中に描かれていた放浪の賢者のように、何者にもとらわれずこだわらずに生きられたら…って、思ってもそんな風に生きるのは大変です。
    でも、彼の言っていた「いつも機嫌よく暮らす」コツはとても参考になりました。

  2. 感情を制御しなければとしています。
    AZUさんの言葉をいつもいつも読んでいます。
    AZUさんの言葉はすごくこころに届きます。
    でも自分でたぶん、、うまくできない
    涙があふれてきては、泣けないような感覚です。
    なんだかズレてるコメントでごめんなさい。

  3. 美雨さん
    >感情を制御しなければとしています。
    >AZUさんの言葉をいつもいつも読んでいます。

    >AZUさんの言葉はすごくこころに届きます。
    >でも自分でたぶん、、うまくできない
    >涙があふれてきては、泣けないような感覚です。

    >なんだかズレてるコメントでごめんなさい。

  4. AZU/mkさん
    >美雨さん
    >>感情を制御しなければとしています。
    >>AZUさんの言葉をいつもいつも読んでいます。
    >>
    >>AZUさんの言葉はすごくこころに届きます。
    >>でも自分でたぶん、、うまくできない
    >>涙があふれてきては、泣けないような感覚です。
    >>
    >>なんだかズレてるコメントでごめんなさい。
    >—–
    >こんばんは。メッセージありがとうございます。
    >ずれていますか、いないと感じますが^^
    >私たちはあるがままの感情に対して何かしらのブロックをつけています。ブロック越しに何かの刺激を受けて、ブロック越しに反応します。ですからなんとなくかするんだけど、ど真ん中に来ないような、思うままにいけない感覚を感じられるのだと思います。ブロックしているものに意識を向けてみてください。小さなときにつけたなんらかの思い込みや価値観かもしれません。もしくは過去世から引き継いできた記憶によるかもしれません。集合意識から無意識に拾ってきて身につけている観念かもしれません。でも、それらは「手放すんだ」という意志によって手放されます。決意したら一人で屋奈落手は、と思っている方が多いのですが、決意はそれに向かうという意志表示であって、むしろ助けを受け取りやすくなるし、がんばるから助けてね、という目印を掲げるようなものです。一人ではないです。
    >私の言葉を受け取ってくださってありがとうございます。

  5. いつもヒーリングありがとうございます
    自分なりに光のイメージをし、体に取り入れ、自分なりのダイヤを見つけていきます。
    これからもサポート宜しくお願いします。

  6. ライタリアン1号さん
    >いつもヒーリングありがとうございます
    >自分なりに光のイメージをし、体に取り入れ、自分なりのダイヤを見つけていきます。
    >これからもサポート宜しくお願いします。

  7. AZU/mk様
    すみません、誤解させるような書き方をして申し訳ありませんでした。
    思いの色と書きましたが、一人の人間のすべての感情について『茶色』と書いたつもりではありませんでした。
    ある人の『愛』が普段はきれいな色でも、時にはくすんだ色になってしまうこともあるな…って感じていただけなんです。
    いっぱいお返事を書いていただいていたので、ちょっとびっくりしました。

  8. 夏姫楓さん
    >AZU/mk様

    >すみません、誤解させるような書き方をして申し訳ありませんでした。
    >思いの色と書きましたが、一人の人間のすべての感情について『茶色』と書いたつもりではありませんでした。
    >ある人の『愛』が普段はきれいな色でも、時にはくすんだ色になってしまうこともあるな…って感じていただけなんです。
    >いっぱいお返事を書いていただいていたので、ちょっとびっくりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です