アセンション

さっき見たら、アンチエイジングの鬼こと勝田小百合ちゃんも
【大前研一ライブ】【浜岡原発の危険を語る】をアップしてくれていたので
多くの方がご覧になることを期待している。
彼女とは昔からの友達。
彼女はいまや有名人なので
発言を反なんとかイデオロギーみたいに誤解されたりしたら面倒だろうにえらいなと思う。
でもこれらの情報は、多分、普通に愛と平和が好きな方が見て感動できる内容だと思う。
私もそうだから。
特に「浜岡原発の危険を語る」は、
タイトル見るだけで見たくない、と思われるかもしれないけれど
今回の震災よりずっと前から、多分じみーにこつこつといろんなこと調べて
いろんな人に会って、きっといろんなことに心を打たれたり動かされたりしながら
地道に活動なさっていらした牧師さん
(そう書いてなかったら牧師さんに見えなかったけど)が
取材を受けて、浜岡原発の施設内でインタビューに答えて説明している。
原発の施設の、一般の人が入れるフロアで
テーマパークみたいになっているところで原発の危険性について語ってるんけど
それだけで主人と一緒に見ててすごいな~ってびっくりした。
これが燃料棒で、ウランを取り出すのにこれをこうして・・・とか。
東電とか保安員の方より詳しいんじゃないかな。
それでさらにびっくりしたのが、それは浜岡原発の危険性なのに
福島原発で今回起こったことがそのまんま、語られたみたいだったということ。
それで、今回の事故のストーリーは機械の設計や政治についてシロウトの牧師さんにも
ほぼ完璧に予測できた事態だったんだと確信が持てた。
一生懸命に、人の命や生き方、地球と自然、そして社会がどう絡んでいるのか
観察し、考察し、洞察し続けた人には
それが何を示唆し、どこへ向かうシナリオだったのかが
ちゃんと読めていたんだということがわかった。
そういう、人間とか命とか生き方に対する真剣さが語り口に出ていて
なんの抵抗もなしに感動して見る事ができた。
感動って、どんなときも絶対に大事だと思う。
人は心から深く共感すると感動する。
感動は人を行動させる。
波動が共鳴して、私たちはともに引き上げられる。
今日は朝起きたとき、
いろんなことが私の意識の手を離れて行ったのがわかった。
それはもう、ひきつがれたんだ、という気がした。
それで、私は初心にかえって
たとえ人数は少なくても、真実を本当に求めて理解しようとする
人の心に訴えていきたいと思う。
私が本当に大切だと思うことを。
原子力という科学に対して人間が取り組むのはいいことだと思う。
どんなことだって、探求していい。
地上にあるものすべてを味わっていい。
けれど、ほどほどに。それが一番大切。
それらはすべて幻想であり、過ぎ去るものだから。
原子力を試すなら、
人間の心がもっとうんと浄化されて
これっぽっちの利己的な思いもなしに
全人類と、生きとしいけるものすべてと、魂の前進のためにだけ使えるくらい
人間は成長しなければならないと思う。
だから、外側はほどほどにして、内面に取り組まなければいけない。
世の中の人はあまり気づいていないみたいで愕然とするけれど
今起こっていることは、人間の強欲から来ている。
もっといいエネルギーが見つからないからでも
みんなにとってこっちのほうがいいからでも、ない。
それでも電気がないなんてやだから原子力発電がいいと言ってる人は
真実がどうこう以前に
まだ自分の都合しか見えていないし見たくないんだろうな。
見たくない気持ちはわかる。
見るのは荷が重い。
自分がしあわせのしの字も体験していなかったら
その上電気まで取り上げないで、と思うだろう。
でも、だから、この問題は、日本が引き受けたんだと私は思う。
もっと貧しい国、食べものも、教育も、人権もない国ではなく
すべての面において恵まれた、
そして、全体として高い意識レベルに到達している集合意識を持つ私たちの国。
もしもう少し前だったら、私だってニュースすら見なかったと思う。 
それで、被曝しちゃうなら仕方ないや、それまでただ一日をがんばればいいと。
でも今は自分の問題が概ね片付いてきて
毎日がありがたく幸せだから
今度はもうちょっと引き受けられるようになれたんだと思う。
みんなが幸せに満たされて、みんなの痛みに取り組めたらいいと思う。
世界中みんなが幸せになって満たされたら
アセンションがどうなんてどうでもよくなる。
そうなるための、今はとっても大切な一歩だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。