肉体と魂徒然

午後から晴れました。窓開けて、プラーナ眺めつつ(^^)書いています。
今は空にも金色アミアミオーラが見えてます。
すごいな、これ。・・・
気分に関係なく見えますが、生理当日とかは見えにくいんです。
多分身体が、本能優勢になっているからじゃないかと思います。
女性は生理の周期で気が立ったり落ち込んだりという傾向がありますが
本能モードは戦闘モードでもあるので
戦うか、逃げるか、という状態になりがちです。
子育て中のお母さんも、本能優位になると思います。
妊娠中はホルモンがでるので、元気になり幸せ感が強くなる方もいるかもしれませんが
子育ては子供の肉体を守らなくてはならないので(母性)本能が強くなり
気が立ったり、落ち込んだりしやすいかと思います。
そんな育児ノイローゼは、脳の状態がこういうときだからなりやすいはずです。
毎日少しでも自分に戻る時間をつくることが大事だと思います。
人間であるということは本当にいろいろと大変ですね^^
年をとるのも悪いことじゃないな、と思うのは
やはり若くて元気がもりもりしている時期は
身体意識が強く、本能モードも全開ですが
だんだんと肉体の盛りを過ぎると
今度は魂意識が優位になってきて
スピリットがどんどん自分を導いきやすくもなってきます。
欲が減り、ゆだねるという生き方がしやすくなりますね。
自己との付き合いがしやすくなってきます。
私も以前はじっと座っているなんていうだけで苦痛でしたから
瞑想はもっぱら走りながらしていました(笑)。
演技するとかダンスとか歌とか、そういう形があっていました。
やっと座れる人になってきました。
中学の時、森くんという哲学的な男の子がいて
いろんな葛藤を処理するためには、走るのがいいと言って走っていました。
学校で一番早かったですけど。
何かを為すことはすばらしいですけど
彼は内的な平和のためにそれを意図的にしていたんだというところが
今考えても本当にすごいなと思います。
彼は今は売れてる漫画家先生になっています。
然り、と思います。

“肉体と魂徒然” への2件の返信

  1. 78歳になるとスピリットが導き易いかどうかわかりませんが、(AZUのレイキをいまだに受けられない)家内にゆだねることを受け入れています。足が不自由のせいもありますが、お互いに付き合いやすくなりました。余生を優しく生きたいものです。

  2. 270さん
    >78歳になるとスピリットが導き易いかどうかわかりませんが、(AZUのレイキをいまだに受けられない)家内にゆだねることを受け入れています。足が不自由のせいもありますが、お互いに付き合いやすくなりました。余生を優しく生きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です