台風も過ぎて

みなさん、お元気ですか?
私は最近、生まれて初めて「はだしのゲン」を見ました。
今Gyaoで無料配信されていてネットで見ることができます。
リンクを貼っておきますね。ここからジャンプできます。
アニメ映画ですが、とてもよくできていていい映画だと思いました。
すごくこわい映画だと聞いていましたが
(何度もリメイクされているので以前はそうだったかも)
全体にとても温かさが感じられ愛がいっぱいでしたし
とにかくゲンと弟の声の演技がかわいくてかわいくてたまらないです。
それだけで引き込まれるほどのびのびと、いきいきとした表情にあふれ美しいです。
日本が唯一の被爆国である、とか
後世に語り継がねば、という言葉は
物心ついた頃から聞かされてきました。
私は終戦から21年後にこの世に来ました。
それから44年経って、65年が経った計算です。
でも、沖縄へ来て、
戦争はまだ終わっていない、という言葉がとても真実に身近に聞こえます。
本当に、終わっていません。
こちらへ来て初めてわかった真実もたくさんあります。
本当に、すべてはちゃんと癒やされなくてはなりません。
そうでないと、今は戦争と戦争の間の小休止でしかないのです。
沖縄への移住のきっかけは
主人と見ていた終戦記念番組での沖縄の映像でした。
番組が終わっていきなり主人が
「ああもうこんなことしてちゃだめだ、沖縄に住もう、もっと人間を学ぼう」
と言ったのです。
沖縄へ行けば何がどうなるなんてことはお互い頭になかったのですが
私も二つ返事で「いいよ」と言いました。
主人の言葉の「こんなこと」というのは
日々の生活に埋没することだったでしょう。
沖縄になにがあるのかはわかわなかったのですが
埋没していてはできない、本当に取り組むべきことを
日々忘れないでいるための移住だったのかもしれません。
本当に取り組むべきこと、
それは確かにいつでもどこにいても取り組むことができます。
それは内面にあることですから。
ですがそれをしやすい環境を選んだり整えたりする工夫は必要なのだと感じます。
環境を選び整えると私たちは日々大切なことを忘れなくなります。
主人とよく話すのですが
若い頃ってなんてヒマだったんだろうということです。
同じマンガ本を何度も読んだり(さほど大切でもない)
暇つぶし、という時間が存在していました。
でも何度も読み返したい本は実は限られていますし
本当はまた必要になったときに手に入れればすむのかもしれません。
そう考えると、持っておかなくてはならない荷物は少なくなっていきます。
荷物が減ると、費やすべき対象もはっきりしてきます。
人生は取り組まれる時を待っています。
取り組まれた瞬間、遅すぎることも早すぎることもなくなってしまいます。

“台風も過ぎて” への6件の返信

  1. AZUさん。遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。44ですか。(天使の数字だぁ・・・)
    沖縄に移住されたのはそういうきっかけだったのですね。。。(私も沖縄に住んだ思いには似たような気持ちがありました。)
    だんなさまも素敵な方なのでしょうね。
    『はだしのゲン』は子供の頃にマンガで読みました。
    人生の大切なエッセンスをもらっていたんだなあと思います。

  2. なるほどー、沖縄への移住そうだったのですね。内観する時間、先ずは環境を整えることからですね。幸い私は瞑想時間が確保できていて、できたというか潜在意識でこうなったような、有難い日々になり、内観の強化に自己と見つめる環境にあります。自分を見つめ直すと逆に周りがすごく見渡せることに気が付き、まだまだですが、愛情を広げれる気がします。1日何回愛を頂けるか、又広げられるか生きる課題の一つのような気がします。あと、ヒーリングの声らしきは実は天使のオブジェが増えたからではないかと、頂き物も増え天使の家になりそうです。あとは美緒さんからのヒーリングエネルギーを沢山頂き癒しの空間にしたいと思っています 自分時間、これからも大切にしていきます

  3. 小学生の時、放送委員という立場だった事を利用して、
    何度も給食の時間に流していました。
    悲惨な内容だけどもなぜか惹かれるものがあったので。。。
    久々に見てみましたが、とても懐かしく、切なかったです。
    先日、原作者の方がテレビに出演されており、
    小さな女の子たちに戦争について語りかけていました。
    まだ、被爆者の方々の生の声が聞ける事はとても貴重な事で、私たちはそれをしっかりと受け継ぎ、
    語り継いでいかなければいけないんだなぁと改めて思いました。
    あと、AZUさんも素敵ですがだんなさんも素敵な方ですね~☆

  4. yotsuba さん
    >AZUさん。遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。44ですか。(天使の数字だぁ・・・)
    >沖縄に移住されたのはそういうきっかけだったのですね。。。(私も沖縄に住んだ思いには似たような気持ちがありました。)
    >だんなさまも素敵な方なのでしょうね。
    >『はだしのゲン』は子供の頃にマンガで読みました。
    >人生の大切なエッセンスをもらっていたんだなあと思います。

  5. ライタリアン1号さん
    >なるほどー、沖縄への移住そうだったのですね。内観する時間、先ずは環境を整えることからですね。幸い私は瞑想時間が確保できていて、できたというか潜在意識でこうなったような、有難い日々になり、内観の強化に自己と見つめる環境にあります。自分を見つめ直すと逆に周りがすごく見渡せることに気が付き、まだまだですが、愛情を広げれる気がします。1日何回愛を頂けるか、又広げられるか生きる課題の一つのような気がします。あと、ヒーリングの声らしきは実は天使のオブジェが増えたからではないかと、頂き物も増え天使の家になりそうです。あとは美緒さんからのヒーリングエネルギーを沢山頂き癒しの空間にしたいと思っています 自分時間、これからも大切にしていきます

  6. こりにょんさん
    >小学生の時、放送委員という立場だった事を利用して、
    >何度も給食の時間に流していました。
    >悲惨な内容だけどもなぜか惹かれるものがあったので。。。
    >久々に見てみましたが、とても懐かしく、切なかったです。
    >先日、原作者の方がテレビに出演されており、
    >小さな女の子たちに戦争について語りかけていました。
    >まだ、被爆者の方々の生の声が聞ける事はとても貴重な事で、私たちはそれをしっかりと受け継ぎ、
    >語り継いでいかなければいけないんだなぁと改めて思いました。

    >あと、AZUさんも素敵ですがだんなさんも素敵な方ですね~☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です