自分と親密につきあう

CAW4KEQF.jpg
アングルが高すぎましたが
昨日もまた虹さん、お部屋の前に来てくれました^^
スピリチュアルの教えでは
「外側で起こることは内面の投影です」というのが基本ですね。
引き寄せの法則などもこの法則のことを言っています。
ご自身の内面に意識を向けるのはすばらしいことです。
それだけでたくさんの気づきが起こり
内面は変容を始めます。
その途上で、ネガティブなフィーリングが浮上してきたとき、
―それは暗さ、怒り、悲しみ、恨み、痛みなどですが―
それを感じることにとても大きな恐れを抱いてしまう方が多いようです。
こんなもの感じたらこれが現実になっちゃう、とか
前の苦しいときに戻っちゃう、のように
ネガティブエネルギーに飲まれちゃうように感じて
あわててふたをしたり
そこから逃げ出したりしという反応をしてしまいがちだと思います。
でも、ネガティブな感情は誰もが内側に蓄えているものであって
それはいつか表現され消化(昇華)されることを待っています。
だからそれらの存在の気配を感じたときには
ようこそ、と言ってちゃんと意識的に感じてあげるといいのです。
感情に対してようこそ、と言いにくければ
小さな私ちゃんに、ようこそ、と言ってあげてください。
未消化のフィーリングを溜め込んで長年我慢してきたのは
小さな私ちゃんだからです。
そして、小さな私ちゃんの抱えているフィーリングを一緒に感じてあげて
共感してあげてください。
そうするとそれは、認知され、承認され、役目を終えます。
いずれにしろ大事なことは、なんだか知らないおばけみたいに恐れないで、ということです。
その良からぬフィーリングが類似した現実を引き寄せると
あなたが自分の内側に無意識に抱えているエネルギーに気づけます。
現実化する以前にそれをちゃんと意識して向き合ったとき
知らずに引き寄せて実現化することはなくなります。
3次元に降りていく前に、アイディアの次元でもう役目を終えてしまいます。

しあわせになるシンプルな方法

しあわせになりたいときには
しあわせ以外のことをあきらめる。
しあわせ以外のものを手放すと決める。
でも人間はあれもこれも必要、といってなかなかそうしない。
しあわせになりたいと言いつつ
しあわせにとっていらないものをいっぱい握り締めている。
そのうちに間違えて、しあわせだけをあきらめていたりする。
しあわせだけはあきらめないで
そのほかをあきらめれば
しあわせになれるっていうのに!

somewhere over the rainbow♪

初めて、虹のふもとを目撃してしまいました。
ここ数日連日虹を見ていますが
昨日はすごかった。
うちの前に局所的な雨が降ったかと思うと
半円の見事な虹。
しかも目の前のあるおうちの庭から出て
目の前の河の水面に着地しています。
CARAQRW9.jpg
写真だと遠く見えますが
本当に目の前、触れそうなほど近くです。
虹って、遠くに出ていて、そのふもとってどうなってるんだろう~と
思いをはせるものだと思っていました。
びっくりしているうちに正面奥の山の上に2つ
天に上るような太い柱のような虹が。
地上は虹の柱の競演となりました。
そのほかにも昨日、一昨日は
雲に向かって細い幾筋もの糸が上っていくような
まるでたくさんの魂が召されていくような光景が数知れませんでした。
沖縄中でご先祖の霊を敬う思いが
天と地をつなげているのだろうかと思わずにはいられません。
024.jpg
photo by shingo kazama
しまいには月からも光線。
主人の話ではこの光線は太陽とつながっていたそうです。
037.jpg
photo by shingo kazama
アストラル界の天国が透けて見えちゃった、という感じの
沖縄南部の空でした。
みなさんの心に平和とよろこびがありますように。

こころをすませば

沖縄はお盆の中日、ナカヌヒでみなさんお忙しくすごされていることでしょう。
沖縄の女性は買出しやお料理など支度で大変だそうです。
昨日はお迎えの日でウンケー、明日はお送りするウークイですね。
去年は何も知らずに親戚だけの集まりにおじゃましてしまいました^^
一年が早いです。
私の部屋の窓からは今日も明るく美しい景色が広がっています。
気温は31度とほぼ変わりありませんが
ここのところ風は涼しく感じられます。
日陰が涼しい、少し乾いた季節になってきました。
大好きな季節です。
私の大好きなジョナサン・ケイナーという占星学者さんがいて
毎週星の予報をネットでみることができます。
リンクを貼っておきます。ジョナサン・ケイナーの星占い
彼は占い師というよりスピリチュアルの神秘家です。
この予報を見ていると、星の角度などが集合意識に影響をもたらすことで
世の中全体の動向にある傾向をもたらすということがよくわかります。
星の角度が緊張や闘争的な関係にあるとき
私たちは無意識に影響を受けて、カリカリしたり不安に陥ったり
けんかっぱやくなったりあるいはふさぎ込んだりというところにはまります。
そしてその理由を、あの人がこうだから、この今の環境が、と悩みます。
でも実は、私たちは宇宙というお盆の上で転がされている小さな動物に過ぎないのです。
それがわかってきて、意識できるようになると
集合意識の影響から少し離れることができるようになります。
意識の中にはそういった種(カリカリしたりなんだりという)はあるのですが
それを意図的に実行に移さないという選択ができるようになります。
ジョナサンが少し前に言っていました。
心に属するものっていったいないでしょう。
みなさんはあれこれと心配することや、喜怒哀楽がそこに属すると考えるかもしれません。
ですがそれすらも、実は思考に属するもので
本来心に属するものは「優しさ」だけなのだと思います、と。
優しさ、ということの定義についてはいろいろとあると思いますが
私はジョナサンに賛成します。
心(以外の思考がと言ったほうが正確かもしれません)が本当にあるべき姿であるとき
心は優しさに満たされ安定し落ち着きます。
心を澄まして誰もが感じたいもの、というのはそれかもしれませんね。