イメージ 前世療法

イメージを、ビジョンをみることだと決めてしまうと
困ることが他にも起こってきます。
自分が成功しているところをビジュアル化してみて
そこでいい気分になるか、なんか違和感があったりむしろやーな気分を感じるか。
実はイメージする、とはこの時感じる気分のほうのことに近いのです。
潜在意識は否応なしに感じることが属するもので
現実化するのは、このとき感じるフィーリングのほうです。
それで、結果が思わしくなければ
もっとがんばらなくちゃ、自分は足りてない、という意識が芽生え
潜在意識の中では「自分は足りてない、充分じゃない」という意識が
どんどん活性化されていき
充分じゃない、足りていない、という現実を引き寄せていきます。
ですが、このケースは潜在意識の法則が見事に実を結んでいる事例です。
また、過去世などのビジョンを自分でどんどん思い出せる方も
時々いらっしゃいます。
そういう方はビジョンを見る、という形で思い出しています。
感覚で思い出している方もたくさんいると思いますが
感覚派の方は、過去世だという確信が持ちにくいはずです。
なんとなく、そんな感じがするんだけど・・・となります。
視覚派だとビジョンが飛び込んでくるので
これは間違いないと確信しやすいと思います。
過去世で私と彼はずっとパートナーで、とか
その時兄弟だったから、というような話はなんとなくロマンがありますが
だからといって今世で幸せになるとは限らないし
特に同じ魂同士のほうがいいという理由は私はあまり感じません。
私たち人間は過去にも今と同じか今以上に
愛というものに対して未熟な生き物でした。
ですから今もこうしてひとつひとつ大切なものを見極めながら
愛を体現しようと奮闘しています。
そのために過去のとらわれ、どうしてもこびりついている思い込みを
変性意識下で解放し浄化しようというのが過去世セラピーなのです。
現世のエゴの意識で過去世にこだわってしまうのは
目覚めという道程においては逆行です。
不安がるエゴにえさをあげていることになります。
エゴは安定するためにいつも理由を探します。
理由が見つかれば頭は一時的に納得しますが
心、潜在意識レベルではまったく変化はなく
さらにふたがきっちりとされていくに過ぎません。
過去世での私がどうだったかということではなく
魂がひたすらに体験してきた愛の記憶を
今世に反映して生きることです。
愛は一切のとらわれを超えています。
ですから過去世のとらわれを芯から忘れて今を生きるために
このセラピーを利用していただきたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。