クンダリーニ、ライタリアン、オーラ

今日は沖縄久々の晴天でした。さいこーな気候です。
でも梅雨入りしてからあっという間に
皮製品などにカビが生えてしまいまいました。
この部屋はものすごく風通しがいい9階なので
まさか!という感じでしたが
海近いのと、これがうわさの沖縄の気候ということですね。
おかげで自動的に大掃除モードになり、除湿機を買いに行きました。
海の風は想像以上に湿っているのかもしれません。
今日は6月1日。
去年の6月1日を鮮明に覚えています。
ギージャバンタという海岸に行って瞑想し
エネルギー的に大きなシフトを感じたからなのですが
あれから1年はすごく早かった気がします。
そして今年もなんだか大きなシフトを感じます。
新しいステージが始まったような。
ライタリアンレイキのアチューメントも始まりました。
リクエストいただいたので、HPよりも先行して行っています。
すると今日も、やっていますか?と問い合わせいただきました。
もうすぐHPにアップする予定ですが
ご興味あるかたはお問い合わせください。
クンダリーニとライタリアンの違いはなんですか?というご質問をよくいただきます。
クンダリーニレイキとライタリアンレイキは系列が違うためか
ライタリアンのマニュアルに中にも比較がないので
あくまで私の感想になりますが
波動帯域がまず違います。
そして私の感覚ですと、種類も違います。
クンダリーニレイキは発展系レイキの中でも
体感が非常に強いと言われているそうですが
その通りだと思います。
クンダリーニというものがそもそも体内を通るエネルギー経路ですが
その通り、からだそのものを大きく変えてくれる感覚があります。
臼井レイキは自分がパイプになる、と教えていますが
クンダリーニはパイプそのものを大きくつくりかえて
肉体ごと波動をぐっとあげてくれる感じです。
結果世界が変わって見えます。
それからいつも言っていますが
自分がやっている感覚がなくなり
がんばりや気負いを思い切り手放せます。
ワンネスにぐっと近づくことができます。
ライタリアンはもう少し違っています。
クンダリーニが究極的にシンプルなのに対して
ライタリアンは起こっていることを種明かししてくれるような感じです。
私はクンダリーニレイキの体験を通して
真実はこうなんじゃないか、レイキって、こういうことなんじゃないかと
自分なりに気づくことがものすごくたくさんあったのですが
ライタリアンでは、マニュアルにその答えが載っている感じでした。
最初からその意図でなされていました。
それで、ああ、やっぱり!だからこれに惹きつけられたんだ、とすごく納得いきました。
具体的に言うと、クンダリーニレイキをやっていくうちに
どんどん、祈り、ということとレイキがひとつになっていくのを感じていましたが
ライタリアンではまさにそのものとしてそこにあった、という感じです。
また、クンリーニレイキでは地球のエネルギーが使えるようになる、とあるのですが
私はある日、マザーアースの声がはっきり聞こえて
駒沢を歩きながらたっぷり1時間ほどレクチャーされたことがあります。
声は「私をマザーアースと呼びなさい」と言いました。
でもクンダリーニレイキにはマザーアースという記載はなかった。
そしてライタリアンにはまさに、マザーアース、とのコネクションという項目があるのです。
それから、ライタリアンでは最高波動帯域をチャネルする、というような使い方です。
具体的にはマスターをチャネルしてヒーリングを行ってもらうような感じなのです。
使い方も本当にそうですので、これまでの、自分がエネルギーを流すという感覚さえ
なくなっていきます。
やっているのはチャネリングです。
この感覚もライタリアン前から私の中で徐々に芽生えていましたが
ライタリアンで決定的に明確になりました。
そんな感じで、私の中で熟成されたことが
ある時ライタリアンという形を借りて明確にインプットされていったような感覚があります。
それで結果的にはチャネリングとリーディング(エネルギーなどを読む)の力が
圧倒的に変わりました。
霊的な視覚がものすごく強くなりました。
クンダリーニでは丹光が常に見えるようになっていましたが
ライタリアンではプラーナと金色の網オーラがほとんどいつも見えるようになりました。
またヒーリングでもビジョンで受け取ることが多くなりました。
結果皆さんにもある面伝わりやすくなった部分があると思います。
何度も書いていますが
無数のプラーナの粒と金色の網目に囲まれて目覚めるのはやっぱり幸せです。
光の中で生きる、というのは比喩だと思っていましたが
それが実際のことなのです。
私の祈りはこの無限の網目を通じてどこまでもどこまででも
届いているのだと今では信じることができます。
祈りは通じている、という体験、それは私にとって切なる願いだったのかもしれません。
今セッションを通じて
皆さんの祈りのお手伝いをさせていただけることは
私の存在のちからを注ぐことのできる
芸術にも似たすばらしい体験です。

“クンダリーニ、ライタリアン、オーラ” への2件の返信

  1. こんばんは。
    東京行きの準備は順調でしょうか?
    今日のブログにあった「私の存在のちからを注ぐ」。
    これこれ、これです。この言葉!
    これが、生きるということ、「在る」ということの実感の表れだと。
    このことを、今、AZUさんは、「祈り」を通じて、セッションをされている、ということですね。
    今後、どのように、この「私の存在のちからを注ぐ」ことをされていかれるのか、とても楽しみにし、心から応援しています。
    得たりやおう! とばかりに感じて、思わずコメントしてしまいました。

  2. まるさん
    >こんばんは。
    >東京行きの準備は順調でしょうか?
    >今日のブログにあった「私の存在のちからを注ぐ」。
    >これこれ、これです。この言葉!
    >これが、生きるということ、「在る」ということの実感の表れだと。
    >このことを、今、AZUさんは、「祈り」を通じて、セッションをされている、ということですね。
    >今後、どのように、この「私の存在のちからを注ぐ」ことをされていかれるのか、とても楽しみにし、心から応援しています。
    >得たりやおう! とばかりに感じて、思わずコメントしてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。