ブルームーンによせて

たくさんの人が昨夜から先ごろまで、或いは今夜までに
月に願いを伝えたことでしょう。
望むことがかなうのはとても嬉しいこと。
でもかなわなかったとき
人はどんな風にそのことを受け入れるのでしょう。
幸運の神さまに願いが届かなかったから
願う気持ちが足りなかったから
願い方が間違っていたから
そもそも願うことが間違っていたから・・・?
私は、本当に必要なこと
本当に魂が望むことは
願った瞬間にもうかなっていると思うのです。
でも人はそのかなった結果をなかなか受け入れられません。
自分の内面を知ると
自分が本当は何を欲しているのか
何を求めているのか
何が本当に自分を満たしてくれるのかがわかってきます。
顕在意識が望んでいることと潜在意識が望んでいることは
往々にしてずれていたりさかさまだったりまったく想像を絶するほどのレベルで
違っていることが多いのです。
自分を本当に満たしてくれるものを求めて
それを得ない限りは
人は本当に幸せにはなりません。
変性意識でのワークをすると
そのギャップに少しずつ気づき
その溝を少しずつ埋めていくような導きが起こってきます。
本能、衝動的な欲求のままに欲しいものを手に入れていっても
幸せには近づいていかないばかりか
刈り取らなければならない芳しくない種を蒔くことにもなります。
私たちは目覚めない限りはコード化されたカルマのシナリオを
無意識に突き進み消化する生き物です。
そのシナリオにうんざりしたときが魂のおめでとうの時なんだと思います。
幸せを願うなら
幸せの正体をよく調べて熟知しましよう。
でたらめに走り回って偶然たどり着くほど
肉体の命は長持ちしないし
生命の法則はそうはできていないものです。
私は人間は幸せを目指してこそ進歩するものだと思っています。

“ブルームーンによせて” への2件の返信

  1. 一ヶ月に満月が2回巡って来た場合の、2度目の満月をブルームーン、と言うのだそうですね。今夜がそうだとか。こちら関東地方でもくっきり奇麗にブルームーンが見えます。
    私の場合、30年願い続けたことが昨年末に叶いましたが、人間というものは貪欲で、その歓びがいつのまにか日常になってしまうと感謝しなくなります…その歓びが褪せないように、と改めて今夜の月に願いました。
    先日お願いした「アビス」の引用文をサイトに掲載させて頂きました。お暇な時に、ご覧頂ければ幸いです。また、何か問題がございましたら遠慮なく仰ってくださいませ。訂正させて頂きます。
    ありがとうございました。

  2. 今でも大ファンさん
    >一ヶ月に満月が2回巡って来た場合の、2度目の満月をブルームーン、と言うのだそうですね。今夜がそうだとか。こちら関東地方でもくっきり奇麗にブルームーンが見えます。

    >私の場合、30年願い続けたことが昨年末に叶いましたが、人間というものは貪欲で、その歓びがいつのまにか日常になってしまうと感謝しなくなります…その歓びが褪せないように、と改めて今夜の月に願いました。

    >先日お願いした「アビス」の引用文をサイトに掲載させて頂きました。お暇な時に、ご覧頂ければ幸いです。また、何か問題がございましたら遠慮なく仰ってくださいませ。訂正させて頂きます。

    >ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です