無条件の愛

先日消えてしまった日記のテーマはこれでした。
スピリチュアルの教えの中でももっとも大切なことのひとつ、
無条件の愛。
巷でも無条件の愛をおくるね、なんてフレーズをたまに目にします。
だいぶ以前、まだ今ほど癒しの進んでいなかった頃
私も実践しようと取り組んだりしました。
でもどうしてもうまくいかなかった。
この世のすべてに無条件の愛を持ちそれを体現するって
実際どういうことなんだろう?どんな状態なんだ?
どうしたってそのときの私にはできないどころか
イメージの中ですら感じることすらできなかったのです。
なので、無条件の愛については態度保留、ということでやってきました。
最近になって「この宇宙すら神の創ったものではない」(好きですね、このフレーズ)
という概念に出会って
こびりついていた「無理」が一掃されるようにすっきりし
どうやら神は本当に「理」だったと実感できるようになり
私の癒しは格段に進んだようです。
それでまた最近になって今度は
「神への無条件の愛」という概念に出会いました。
無条件の愛はエゴからは発せないしまた
エゴは幻想であって真実ではないのですから
無条件の愛は神なる真実にのみ捧げられるものであって
幻想に向かっておくるべきものではなかったのです。
神への無条件の愛、また神からの無条件の愛の中にあるとき
私たちは初めて幻想に対しても無条件の赦しを行うことができる。
なんだ、だから結局この世のすべてに無条件の愛を与えるでいいじゃない、と
思われるかもしれないけれど
本気でやってみると、この違いは天と地のように違うということがわかるのでは。

“無条件の愛” への4件の返信

  1. 最近ようやく愛という言葉に違和感がなくなってきました。
    いままで言葉にすらしたことありませんでしたし。
    いろんな表現の仕方があるかと思いますが、私の場合、(すべてとは言い切れませんが)言葉にせずにする時の方が無条件の愛・思いやりに近いような気がしています。
    妻の場合は言葉にはっきり出して行動すること、声をかけることがそれにあたるのだと思います。
    着目すべきは幻想ではなく真実であり、その違いは、無条件の愛以外のものがある世界と、無条件の愛しかない世界にいるという大きな違いになるような気がします。
    まことの理というのは、多少難しく感じることがあっても、納得できないということはないように思います。
    しっかり道が合っているように感じます。
    それに気づくと、やっぱり私はワクワクしてしまうのです(笑)

  2. わしゅ72さん
    >最近ようやく愛という言葉に違和感がなくなってきました。
    >いままで言葉にすらしたことありませんでしたし。

    >いろんな表現の仕方があるかと思いますが、私の場合、(すべてとは言い切れませんが)言葉にせずにする時の方が無条件の愛・思いやりに近いような気がしています。
    >妻の場合は言葉にはっきり出して行動すること、声をかけることがそれにあたるのだと思います。

    >着目すべきは幻想ではなく真実であり、その違いは、無条件の愛以外のものがある世界と、無条件の愛しかない世界にいるという大きな違いになるような気がします。

    >まことの理というのは、多少難しく感じることがあっても、納得できないということはないように思います。
    >しっかり道が合っているように感じます。
    >それに気づくと、やっぱり私はワクワクしてしまうのです(笑)

  3. AZU/mkさん
    >こんにちは。メッセージありがとうございます。
    >私は愛というのは神の国の空気、のようなものだと思っているのです。私たちが出したり引っ込めたり所有するような次元のものではないと思うのですよね。
    なるほど、そうですね。
    全く異はありません、と感じましたが、実はそれは私の前言撤回と同じことを意味しますね。
    >なので私たちが一瞬でも神と繋がったときには既にその空気を吸い、その中にいる、というような。
    ここですねぇ。
    感じきれていないのかもしれません。
    正直な感覚としては、これが神と繋がっているのかな、というときと、、、
    私は二元論の中にいるのですね。
    打ち込んでて観えてきたような気がします(笑)
    ありがとうございました。

  4. わしゅ72さん
    >AZU/mkさん
    >>こんにちは。メッセージありがとうございます。
    >>私は愛というのは神の国の空気、のようなものだと思っているのです。私たちが出したり引っ込めたり所有するような次元のものではないと思うのですよね。

    >なるほど、そうですね。
    >全く異はありません、と感じましたが、実はそれは私の前言撤回と同じことを意味しますね。


    >>なので私たちが一瞬でも神と繋がったときには既にその空気を吸い、その中にいる、というような。

    >ここですねぇ。
    >感じきれていないのかもしれません。
    >正直な感覚としては、これが神と繋がっているのかな、というときと、、、
    >私は二元論の中にいるのですね。
    >打ち込んでて観えてきたような気がします(笑)
    >ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。