明らかにする

写真は今日の瀬長の夕日です。
光があるところに闇は存在できない。
だから闇は光を恐れる。
しかし光は闇を恐れることはない。
光あるところに闇の脅威は存在しないからだ。
私たちが無限の存在である所以は
私たちが光を選択できるところにある。
光を選択するということは
闇を拒否することだ。
人のエゴの行いを見ていると
それは無間地獄のように
果てしない泥沼のように見える。
どうにもならない泥沼は
私たちが闇を選択したときにだけ有効で
悪夢から目覚めることを選択した瞬間に消えうせる。
人生は選択の連続だ、という表現がある。
それは確かにそうだが
本当に重要な選択は
光か闇か。
光を選択するとそこには
自分をゆだね、導かれて生きるという
果てしない自由と至福があり
闇を選択すると
果てしない業の清算がある。
明らかにする、とは
己の内面に灯りを燈す作業である。
暴く、とも、攻撃、とも違う。
人との関係において真実を築き
互いを鏡として学ぶことは
明らかにすることと等しいのだが
エゴは暗闇に潜みたがる。
闇の中で互いを知覚してもそれにはなんの意味もない。
幻想と錯覚、誤解があるのみ。
光あれ。と今日も思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です