わぁ~びっくり

いましがた、バナナマンのことを書いていたら
なんの拍子にか全部消えてしまいました。
しょうがない、バナナマン封印です。
というか、バナナマン考察しつつ芝居のことを書いていたんだけど、残念。
バナナマン見てると大学の先輩とか劇団での芝居を思い出すって話でした^^
…なんて徒然に書いていましたら
演劇専攻の同級生からメール。
演劇専攻のゴッドファーザーが亡くなった訃報でした。
岡ちゃん(岡田陽)という、宮本亜門さんがよく恩師の話をする時に出てくる先生です。
岡ちゃんしんぴょう(身体表現)の授業というのは
私たち役者の“金”のたまごにとってある意味真価を問われるような
すごい授業だったのです。
私は岡ちゃんにはこっぴどくけなされました。
へー、この先生すごいって言われてるけど
そのくらいしか見えてないんだなーくらいにしか当時思わなかった…。(おいおい)
でも岡ちゃん、好きでしたよ。尊敬してました。
おいくつになられたんだろうな。
まだ指導なさっていたんだろうか。
…演劇専攻の仲間のことを思うとすごく古巣のように安心します。
2年くらい前?に会った時に
「俺も来来世くらいにはomi(私)と(結ばれたい)とか思うぜ」みたいなことを
同級生に言われてものすごく笑ったんですけど
きっと彼らとは何度も何度も一緒の舞台を踏んできたんじゃないかなと思うのです。
プライベートで遊んだことなんてほとんどないのに
彼らって本当に私のことをよく知っていたり
よく見てくれていたりして
そして何年も、十何年も会わなくても
ちっとも忘れたりしないのです。
私ももう10年くらい芝居をしていないっていうのに
そういうことも彼らにはあまり関係なくていられるのは
多分すごく長いことたくさんたくさんいっぱい一緒に芝居をしたんだと思います。
一緒に芝居をやると
本当にその人の弱いところとか
美しいところがわかるのです。
今私はセラピーをしていますが
セッションをするとやはりその人の弱いところや美しいところが
とても伝わってきます。
ある意味普通に生活していては繋がれないような繋がり方が
私にとっては必要で幸せなことだったりするのだと思います。
バナナマンを見ていて
だから結構、日村さんが二枚目だったりするところとか
彼の美学みたいなところが好きです。
彼は弱い人をよく演じてますが
それを通して彼の人間に対する慈愛が伝わってきます。
人間賛歌ですね。
(ホンを書いているのは設楽さんだと思いますが)
あと舞台の使い方とか所作がうまいので
いつも感心してしまうのです。
大学の先輩後輩とか同級生を大好きな気持ちが
日村さんを見てると思い出されて
楽しいのかもしれません。
日村さんともどっかで
魂の仲間だったかもね。
そのくらい親しみを感じますね。

光の柱

先日新居の鍵を受け取る手続きがあり行って来ました。
ながーい手続きの最終回でようやく自分の部屋として足を踏み入れましたが
入ってみると、エネルギー的にはまだあかの他人、の場所でした。
レイキで浄化し、光の柱を立てました。
(エーテルに働く活性の儀式みたいなものです)
各部屋にかなり丁寧に。
で、2日後に再度部屋に入ると、
かなり違っていました。
一目でかなりわかるものだな~と改めて思いました。
しばらくすると「前からよく知ってた場所」のような感じ方に変わっていました。
こういう感じにするのって重要だと思うのです。
自分の波長と合わせておかないと
くつろげなくて疲れる場所になってしまいます。
また、できたら波動を上げて
いるだけで癒される場所にしておきたいものです。
これからこの場所を拠点に
癒しの波動の使者としてがんばりたいなと思っています。
いろいろと準備しています^^

クリスタルちゃん

私の周りにはスピリチュアルの世に言うインディゴちゃんだらけ。
インディゴ・チルドレンの存在を知ったのは
ヒプノセラピーを始めて間もないころ、セラピスト仲間から聞いたのですが
最初は全然信じていませんでした。
ところが知ったとたん、私のところにヒプノを受けに来る人は
インディゴちゃんだらけになりました。
インディゴちゃんは1975年以降に地球に大勢来るようになっていて
それまでの地球人と魂のカラーが違うそう。
古いしきたりに理由なく従うことを嫌うので集団に埋もれることができない。
真実かどうかにとても敏感で、矛盾や欺瞞を暴く。
愛の地球を築くために来ているので古い体制を破壊することが得意。
しかし成長の過程で酷く傷ついて使命を忘れてしまっている子もたくさんいる。
インディゴ・チルドレン
私自身がこのインディゴの特徴と重なる部分がとても多いのですが
少し違うのは私はとても忍耐強くて、
理解できないことをできるまで追及する粘りと理屈っぽさがあります。
インディゴちゃんはそういうのが苦手のようです。
相手が余りに愛がなくてばかばかしいことを言っていると
解りたくもなくなっちゃうところがあります。
インディゴちゃんとのセッションはとても楽しいものです。
例えば彼らは表面的には現実的な悩みがあるように振舞っていますが
自分の個の悩みよりも世界のことや宇宙のことのほうにうんと興味があります。
心の問題は掘り下げていくとミクロとマクロを行き来するのですが
彼らは圧倒的にマクロに興味があり、
自分の問題に取り組むことは、マクロに奉仕し貢献することだということを
潜在的に知っているのです。
ですからミクロをマクロに広げてお話をすると
彼らは自分という存在を思い出して元気を取り戻し、
本来の勇気と誇りに満ちた存在に戻ることができます。
私がセッションを通して実感したのはインディゴのそういった特徴で
「愛の戦士」の異名にふさわしい実態でした。
インディゴの次の世代はクリスタルちゃんで
昨年だか一昨年だかに「クリスタル・チルドレン」という曲までヒットしました。
クリスタルちゃんは、インディゴちゃんたちの作った基盤の上にさらに平和な世界を築く
戦わずして存在そのものが愛を伝えると言われている存在。
先日、そのクリスタルちゃんが大きくなるとこんなだよ、というような少年に出会いました。
まるで本で読んだクリスタルそのもの。
クリスタル・チルドレン
彼らは言葉でなく主にテレパシーを使う、なんて本には書いてあるのですが
本当にそうだったです。
彼と接して思ったのですが、大人に近づいてきて困っているクリスタルちゃんも
多いのではないでしょうか。
インディゴちゃんもそうですが彼らは古いコミュニケーション手段が苦手なので
本当に古い社会に適応することに困惑している様子です。
また、特にクリスタルちゃんは親御さんのご理解がないと
非常に親御さんが彼らを心配してしまい、その心配のエネルギーに
彼らがダウンしてしまいそうに見えます。
私自身もそうですが、
彼らは競争や奪い合いが本当に苦手です。
何かを得るためには分かち合うということで得たいのです。
癒されないエゴというのは、全く悪気なく周囲からたくさん奪います。
そういう人の中にいると彼らは無条件に与えようとします。
私は、社会が彼らから学ぶことで本当に社会のあり方が変わるといいなと思います。
インディゴちゃんやクリスタルちゃん(その次にレインボーちゃんたちも来ているとか)の
サポートは私の活動の中でも大きなテーマのひとつです。
がんばろうね。

せっせ♪

昨日は久しぶりにセッション予定がなかったので
RuachのHPの更新していました。
すんごい情報量になりましたが
まだまだ増える予定です^^
若干セッション内容や料金などの見直しもさせていただいています。
今の自分の状態にもっともフィットする、中身の濃いセッションを目指すため、と
みなさんのお役に立つことと
私自身が輝いていることの両立のため、と思っています。
どうぞおゆるしください。
久しぶりに自分自身の過去も見直したりしました。
すごい作業でしたが、本当に今だからわかることもたくさんあります。
みなさんにたくさんの恵みと実りがありますようにϡ