往復3時間

妹と母が服やバッグやなぜか巨大な浮き輪を送ってくれた。
その荷物のなかに「鶴瓶の家族に乾杯~糸満」のDVDが入っていた。
私たちが糸満に越して来た直後の撮影で、
多分リアルタイムだと知らないところばかりだったと思うが
今見ると知ってるところばかりだった。
ゲストは西岡徳馬せんぱい(玉川大学の演劇専攻の先輩です)だった。
演劇専攻はとても少人数(1学年30人弱)の特殊なクラスなので
先輩はもう家族という気がする。
(だけど、せんぱい、からみがへただったね~!
あのね、いつまでも台本の中だけで芝居してちゃダメですよ!)
先日日食を見た南城市玉城には宮本亜門せんぱいの家もあり。沖縄。
西岡徳馬さんは、伝統の演専ソフタイ(ソフトボール大会)で1年の時ご一緒した。
あの時は私だって18歳だったけど、西岡さんもまだ売れてきたぜ!って感じで
ものすごいやんちゃな香りのぼんぼんだった気がする。
(やんちゃでも所詮ぼんぼんじょうじょう学校なのだ)
どうやらお嬢さんも演専なんじゃないかな。そんな話しだった。
最初に出てくる公園は糸満市役所のある埋立地の潮崎のビーチだと思う。
今日用事があって行ってきた。
午後に少し雨が降って日が陰ったので歩いて行ってみたが
湿度におえっとなるほど蒸し暑く、滝のように汗が流れた。
Image640.jpg
ついつい知らない道を通りたくなるので
往復で3時間くらいかかった。(潮崎シティのスーパーにちょっと寄ったけど)
真面目に歩けば多分片道30分くらいで着くと思うんだけど。
Image639.jpg
それから帰り道に公設市場のある道から漁港の脇を歩いた。
何を隠そう沖縄に来て一番にアパートを探したのは糸満の公設市場そばだ。
歩くとすでに懐かしいふるさとのような気がする。
漁港の水がペンキのようなコバルトブルーだったのに感動した。
(なぜか今日は水が緑。報江川も緑だからかな)
Image641.jpg
那覇からは微妙に遠くなるので通勤は大変だと思うけれど
独特の人々と文化があるので、
ここに住んでもそれなりに楽しかったんじゃないかなと思った。
Image642.jpg
那覇の人からは「なんで糸満?!」と相変わらず言われる。
沖縄でも糸満はとにかく特殊な場所らしい。
先日は那覇の人からうちの前で「これ、サトウキビですよね?!」って言われた。
え?サトウキビ、珍しいんですか?うちなんちゅですよね??
「那覇ではサトウキビ、ないですからね~」
車で30分足らずだけど、沖縄はエリアで人種も文化もきっちり区切られてるみたい。
外国の中の外国みたいでおもしろい。

“往復3時間” への2件の返信

  1. いつまでたっても子供だと思っているのでしょうね。
    でもおとなの身体になった認識はあるのでしょう。
    いいお母さんですね。孝行しなくっちゃ~。
    プログ読んでます。判らないのもあるが、これは読解力が老化しているせいでしょう。
    ブログ保存してますか?いつか随筆集で出版することがあるかも・・・・・。写真興味をもって見せてもらっています。自然が多いですが沖縄のひとの描写も期待してます。暑いから身体に気をつけて、だんなによろしく。

  2. 270さん
    >いつまでたっても子供だと思っているのでしょうね。
    >でもおとなの身体になった認識はあるのでしょう。
    >いいお母さんですね。孝行しなくっちゃ~。
    >プログ読んでます。判らないのもあるが、これは読解力が老化しているせいでしょう。
    >ブログ保存してますか?いつか随筆集で出版することがあるかも・・・・・。写真興味をもって見せてもらっています。自然が多いですが沖縄のひとの描写も期待してます。暑いから身体に気をつけて、だんなによろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です