奇跡だと気安く言うけれど

奇跡を受け入れるには人間やっぱり段階があります。
「神の使者」
では、受け入れ難い概念が目白押しですが中でも
「シンクロ二シティ(引き寄せの法則)でさえもエゴが作り出している」
というところは秀逸だろうと思う。
私はこの言葉でどちらかというとすっきり救われたほうですが。
私はこの法則を使って人生を展開してきた実践者ですが
それは真理というものとは違い、ある物理法則にのっとった利用法です。
その効用は、エゴと無意識をつぶさに観察し、その解体に取り組むきっかけとなる、
ということだったのではないかと思います。
私のように自意識の強いタイプの人間は普段からエゴによって洞察しています。
生まれながらエゴの思考にはまっている間は
「正しくある」ことに心を奪われがちでその間はエゴにせっせと餌をやっていますが
いったんエゴの性質に気づくことができれば
自分のそれと重ね合わせて一つ一つ薄皮をはぐようにそれに気づいていくことが
わりと得意です。
だいたい一般的には不幸を背負う人がこのタイプで
トラウマも多く、より多くのことに傷ついているように見えます。
逆に例えば私の主人のように人が良くて要領よく一見楽天的で
起こっていないことは考えない、というタイプの人はどうかというと
一見トラウマも少なく「今に在る」ことができているようにも見えますが
実はよくよく見ると「無意識」になりがちです。
そうすると、例えば「自分への小さなウソ」みたいなものを
マインドに留めることなくあっさりと深い意識に刻んでしまったりします。
こういう人は知らず知らずに深いところで傷ついています。
空虚感、無価値感にさいなまれています。
どちらにしても、深みに足を踏み入れてそれを解体するまでは
無意識の罪悪感を抱え続けます。
神の使者では、宇宙は神が創造したものではなく「この世はない」と言っています。
すべては意識の投影による幻想だと。
ですから宇宙の物理法則はエゴの産物に属するということなのです。
この世の2極性に属するものはすべて、そうです。
神の使者でいう目指すところは、私たちが幻想から目覚めること、それだけです。
幻想にしがみつくのか、目覚めを選択するかを選ぶのは「心」ですが、
まっとうな選択をするには真実をありのままに見ることのできない「心」を訓練し
ありのままでなく幻想を追いかけようとする「エゴ」を解体する必要があり
その方法を教えているのが「奇跡のコース」です。
これまで様々なスピリチュアルの教えに出てきた概念の目的は
まず地上(幻想世界)での価値観を転換すること、だったように思います。
エゴの価値観からスピリットの価値観へ。
何よりも変わらなければならなかったのは、私たちの心だったし
それはあまりにも長いことエゴに主導権をゆだねてきました。
私たちはシンクロ二シティを体験することで
この世の目に見えない仕組みを垣間見、
内面を変えることで、現実(と見えているもの)を変えることができるという
魔法を学びました。
けれど、それは奇跡ではないのです。
そこに聖なる愛が関与しなければ、それはただの魔術です。
神の使者はそのからくりを見事に解き明かしています。
愛の本質にようやく迫ってきた感じです。

“奇跡だと気安く言うけれど” への11件の返信

  1. 素敵な日記をありがとう。
    本のシェアーをありがとね~
    前からシンクロが大好き(生き甲斐に近いものがある)で流れに乗ってるんだな~なんて思ってた派だから、この本を是非読んでみたいな。
    自分の意識のベクトルが鏡として幻想を作り出してるのかな?
    うちも今愛について自分の体心魂の気づきを実感している日々です。

  2. こんばんは。
    恥ずかしくてずっと聞けなかったのですが、勇気を出して書いてみようかと思います。
    AZUさんのブログには、「愛」という言葉が必ず出てきますね。
    「ヒーラー」さんと呼ばれる何人かの方のブログを読んでいますが、決定的に違うのはここなのかなと思います。そしてこれが、私がAZUさんの世界に魅かれる最大の理由なのかなと漠然と感じています。
    ですが、その一方で、いつも「愛」が出てきた途端に話がよく分からなくなります。私自身、AZUさんのセッションを受けたり本を読んだりしているのも、「自分が楽になるため」であって(これは他のヒーラーさんの世界にも出てきます)、その先に「愛に生きる」ということが出てくることが、分かるようで、よく分かりません。
    そもそも愛ってなんだ?私は自分を、夫を、子供を、親を、愛しているのか?友達は?他人は?と考えると、ますますわからなくなります。
    「愛とは何か」。前に教えて下さった「人間は愛を語るにはまだ幼すぎます」にもあるように、これが分かれば人生終わってしまうのかもしれません。
    でも、せっかくAZUさんのブログを読んでいるのに、毎回ちんぷんかんぷんではもったいないので、私のような段階の者でも少ーし理解できるヒントのようなものを頂けないかなあと思いました。
    「愛に生きる(ことを選択する)」って、どういうことなんでしょう?
    (ああ、ついに書いちゃった)
    「その段階になったらまた読んでみてね」ということであれば、「やっぱりそういうものなのか」と思って今はただ心に留めておきますので、それでもいいです。
    意味通じますか・・?

  3. なーやさん
    >素敵な日記をありがとう。
    >本のシェアーをありがとね~

    >前からシンクロが大好き(生き甲斐に近いものがある)で流れに乗ってるんだな~なんて思ってた派だから、この本を是非読んでみたいな。
    >自分の意識のベクトルが鏡として幻想を作り出してるのかな?

    >うちも今愛について自分の体心魂の気づきを実感している日々です。

  4. やはりびっくりさせるような質問でしたか・・^^;
    自分でも後から読んで、やっぱりこんな形で人に聞く事じゃなかったかなーと恥ずかしくなり、やっぱりいいでーすって書き込もうかな(消せないし・・)と思っていたところでした。
    でも書いた時は、すごく聞きたくて仕方なかったので、やっぱり何かのメッセージだったんですね。
    このように受け止めて頂いてとても嬉しく思います。
    日記楽しみにしています!^^

  5. りゅうさまさん
    >やはりびっくりさせるような質問でしたか・・^^;

    >自分でも後から読んで、やっぱりこんな形で人に聞く事じゃなかったかなーと恥ずかしくなり、やっぱりいいでーすって書き込もうかな(消せないし・・)と思っていたところでした。

    >でも書いた時は、すごく聞きたくて仕方なかったので、やっぱり何かのメッセージだったんですね。
    >このように受け止めて頂いてとても嬉しく思います。

    >日記楽しみにしています!^^

  6. うん。なるほど!
    とにかく読んでみたほうがよさそうだね。
    今の時期にこれを読むことが出来てうれしいよ!
    全てが幻想っていうのは、よく聞くしよく読むから言葉としては馴染み深いんだけど、作り出している幻想ではなくて今そこにある幻想なんだね。

  7. なーやさん
    >うん。なるほど!
    >とにかく読んでみたほうがよさそうだね。
    >今の時期にこれを読むことが出来てうれしいよ!

    >全てが幻想っていうのは、よく聞くしよく読むから言葉としては馴染み深いんだけど、作り出している幻想ではなくて今そこにある幻想なんだね。

  8. AZUさんは、本当に凄いですね。
    何というか、おっしゃる言葉ひとつひとつが
    生きていて驚かされます。どうやったらこう書けるものかと。
    コースを説明するのって結構難しいのですが、的を得ていて、きれいにまとめられているのでAZUさんの文章を読んだら短時間で復習できて凄く便利です♪♪
    沖縄市の方でも皆既日食に日輪がかかっていてきれいでした。
    では~また~~

  9. akakoさん
    >AZUさんは、本当に凄いですね。
    >何というか、おっしゃる言葉ひとつひとつが
    >生きていて驚かされます。どうやったらこう書けるものかと。
    >コースを説明するのって結構難しいのですが、的を得ていて、きれいにまとめられているのでAZUさんの文章を読んだら短時間で復習できて凄く便利です♪♪
    >沖縄市の方でも皆既日食に日輪がかかっていてきれいでした。
    >では~また~~

  10. AZtecさん
    >akakoさん
    >>AZUさんは、本当に凄いですね。
    >>何というか、おっしゃる言葉ひとつひとつが
    >>生きていて驚かされます。どうやったらこう書けるものかと。
    >>コースを説明するのって結構難しいのですが、的を得ていて、きれいにまとめられているのでAZUさんの文章を読んだら短時間で復習できて凄く便利です♪♪
    >>沖縄市の方でも皆既日食に日輪がかかっていてきれいでした。
    >>では~また~~
    >—–
    >いや~嬉しいメッセージありがとうございます^^元気が出ました。メッセージいただいて改めて自分の日記を読んでみましたが、すごい気迫だな~と思いました^^でもこうやって最も重要なところ!と気合で表現したところをこんな風に褒めていただけると、すごく幸せです。なんか、どんなことがあったって、充分上回る幸せじゃないか、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です