「神の使者」

神の使者
昨日ようやく読み終えました。
久しぶりに、新しいビジョンが見えた内容でした。
というか、古いビジョンを壊されました。
このごろ私は「A Course In Miracles」(奇跡のコース)にとても興味があるのです。
奇跡のコースは1965年から74年の間にわたってイェシュア(イエス・キリスト)が
学者さんに伝えたメッセージがそのまま
私たちのこの星での学びの教則本になっているものですが
まだ日本語訳がでていません。
「神の使者」はそのコースの副読本とも言える内容になっています。
率直に言って、最初この本の内容はちょっと受け入れにくかったのです。
なぜかと言うと、「神の使者」ではスピリチュアルの原則ともいえる
「意識」「エネルギー」「進化」「宇宙」といったことがらを
こてんぱに「否定」してくるのです。
ですが、私が待っていたのはこの「受け入れ難い」という真実でした。
スピリチュアルの本を読んでいても最近はなかなか受け入れ難いことに出会えませんでした。
ホ・オ・ポノポノのような、違和感でなしに
(あれは、真実のごく一部を切り取って「これが真理だ」と言われているような違和感。
間違ってない=真実、ではない。その裏にエゴの陰ををちらほら見てしまう。)
「見えざる真実に気づいていないことに気づいていない」自分を見せてくれるという
そういう体験を私は求めていました。
そしてまんまと出会いました。
私はこれまで、自分に必要な学びのほとんどを本から得てきました。
本当に求めている本を手元に引き寄せるのが得意です。
そして、それを知識としないで必ず自分が実践してきました。
というとかっこいいけど、
私の場合そうしないと人生がにっちもさっちも行かなかったのです。
常にがけっぷちでしたから。
それでまた
マインド・トレーニング
の話しになりますが
神の使者を読んだ後でもやはりこれを取り入れておいてよかったと感じました。
マインド・トレーニングがシャクティー・ガウェインによって書かれたのは80年代ですが
恐らくコースの流れを汲んでいるのではないかな。
ちなみにマインド・トレーニングでは宇宙という言葉が頻繁に出てきますが
神の使者では、宇宙そのものを幻想と言っていてそれは罪悪感の顕現であり
神の創らなかったものとしています。
私はシャクティーが宇宙と呼んでいるものは神のことだと思いました。
私はそもそもこの世界の仕組みを知りたいと子供の頃から願っていて
悟りとか超越とか大いなるものとか今、とかという言葉に惹かれました。
もの心ついたころから心には苦しみがあり
争いがあり、憎しみがあり、殺人があり、愛憎のドラマがあることに悩みました。
神と呼ばれるものが生活の中に点在しており
しかしこの世ではそれが機能不全であるかに見え
人々はどこか絶望しており
神の教えに背きながら神だのみをする大人たちをたくさん目の当たりにしてきました。
真実を教えてくれる大人はいませんでした。
大人は子供よりさらに迷っていました。
どうして大人は子供の時に知っている真実(例えば平和や愛は何より尊いとか)を
忘れてしまうんだろう
私は大人になっても今心に感じる問いかけを忘れまいと思いました。
「自分を再教化する」などというとほとんどの大人は嫌がります。
洗脳でもされるんじゃないか、とか、このままで自然にしあわせになりたいんだとか。
ですが、人間は「自然に」大人になることでどうなるんでしょうか。
「神の使者」の中で胸のすく一節があります。
「自然がスピリチュアルだなんて思ったら大間違い。
大自然のジャングルをごらんなさい。すべては弱肉強食の法則で成り立っているのよ。」
そうです。
私たちは自然に生きると弱肉強食、食うか食われるか、戦うか逃げるか、
といった本能で生きることになります。
それが今、ここにある、世界です。
もし、愛を生きたいなら、平和を、天国を生きたいなら
それを選んでください、
そしてそれを選ぶなら、7割でなく完全にそれを選んでください。
7割妊娠してる、という事実がないように
7割愛と平和と天国を選ぶことはできません、とメッセージにはあります。
引き寄せの法則を使って、
7割ほど現実をしあわせに構築しているスピリチュアリストにとって
それはまったくがっかりするニュースかもしれません。
でも結果的にはそれほどがっかりすることはないと思います。
私はこの体験と出会いながら、なぜコースが今まで日本語訳されなかったのか不思議でした。
だって今こうしてたくさんのスピリチュアルメッセージが日本にありますが
コースは恐らくそのどれよりも古く(ケイシーやフローレンス・コスヴェルシンは別だけど)
そして体系的だというのに。
そしてある時納得しました。
日本に神(宗教の概念でない)を受け入れる土壌があの時はなかった。
スピリチュアルの概念を通して大いなるものを受け入れる準備をしていたのだ。
私も先にコースが来ていたらしんどすぎてスルーしていたかもしれない。
それよりなにより、概念に頭を支配されていて理解できず誤解してしまったかもしれない。
そして本当の出会いはもっと遅れたかもしれない。
ちなにに、みなさんおなじみの(?)「数字は天使からのメッセージ」を読んでいると
(ご存知ですか?目にした数字には天使からのメッセージがこめられています、
偶然ではないんです、という教えでシクロニシティに親しむことができます。
ミクシィにコミュがありますので良かったらご参照ください。)
「A Course In Miraclesにもあるように・・・」といった記述が出てきますよ。
私はその中でとても気になっていたものがあります。
「祈りを変えるようにと創造主は言っています。
もしあなたが健康や豊かさについて祈っていたのなら
これがそれに対する答えです」というような内容です。
何番だったか忘れてしまいました。
みなさんはこのメッセージの真意がおわかりですか?
私は「神の使者」を読み進めるうちに、
数字のメッセージの中で唯一腑に落ちなかったこのことを思い出し
そのメッセージの意図が腑に落ちました。
そればかりでなく、祈りとはなんなのか、がわかりました。
それから、「神の使者」ではニューエイジをこっぴどく否定していますが
悟りに最も近い現代人といわれているエックハルト・トールの
ニュー・アース

取り組みはやはり大きな一助となる気がします。
エゴは解体されるべきもの、という表現は全く同じです。
長くなりましたがまた!

“「神の使者」” への6件の返信

  1. >そしてそれを選ぶなら、7割でなく完全にそれを選んでください。
    これはとても大切なことな気がします。
    完全を目指すことで初めて、一番大切なことや真髄、そこへの道のりが見える気がします。
    足跡11000番目だったのでうれしかったです(笑)
     

  2. yucaさん
    >>そしてそれを選ぶなら、7割でなく完全にそれを選んでください。

    >これはとても大切なことな気がします。
    >完全を目指すことで初めて、一番大切なことや真髄、そこへの道のりが見える気がします。

    >足跡11000番目だったのでうれしかったです(笑)
    > 

  3. 今、神の使者を読んでいる最中で、この本について、まさに私の言いたいことはこれだ!という感じにまとめて下さっているのでとても驚きました。
    アコースインミラクルズは、修道女の方が訳したものなら2000円で購入できますよ。
    http://ww4.tiki.ne.jp/~fipc/acimver1.html
    私は購入したのですが、まだ読んでいません。
    神の使者を読み終わってから読んでみようとはりきっています。

  4. あかこさん
    >今、神の使者を読んでいる最中で、この本について、まさに私の言いたいことはこれだ!という感じにまとめて下さっているのでとても驚きました。
    >アコースインミラクルズは、修道女の方が訳したものなら2000円で購入できますよ。
    >→ http://ww4.tiki.ne.jp/~fipc/acimver1.html
    >私は購入したのですが、まだ読んでいません。
    >神の使者を読み終わってから読んでみようとはりきっています。

  5. すみません、初めまして!です。
    訳は3部全てあります。
    沖縄では、北中城村にある アトリエさとわ というお店がアコースインミラクルズに詳しいですよ。
    私はまだ神に使者を驚きながら読んでいる最中です。汗
    ええっと、yahooで、ブログを書いています。
    ここです。→ http://blogs.yahoo.co.jp/akako129jp
    もしよろしければ、どうぞ~~

  6. あかこさん
    >すみません、初めまして!です。
    >訳は3部全てあります。
    >沖縄では、北中城村にある アトリエさとわ というお店がアコースインミラクルズに詳しいですよ。
    >私はまだ神に使者を驚きながら読んでいる最中です。汗
    >ええっと、yahooで、ブログを書いています。
    >ここです。→ http://blogs.yahoo.co.jp/akako129jp
    >もしよろしければ、どうぞ~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です