違う船からの景色

少し前に、私が違和感を持っていることについて書いた。
それはどんな感じかというと、行き先も仕様も違う船に乗りながら
一つの島について語っているような感じ。
「大きさはこうで、人口は何人。こんな種類の樹木が多く何種の鳥が住み・・・・」
間違ってはいないけれど、一方の船から見た景色ともう一方の船から見たものはやはり違う。
通り過ぎていく船と上陸する船では、まったく別の体験をする。
前回は「死を受け入れる」なんて書いたので
うちなんちゅもびっくり、死んじゃなんくるならんさー、かもしれない。
死と聞けばそれこそ違和感を覚える人が多いだろうと思う。
死をも恐れない、というイメージは何かにこころを奪われている状態を連想させる。
第2次世界大戦中の日本のように洗脳された状態とか。
けれどそれは「死(の恐怖)を感じない状態」にコントロールされたりしたに過ぎない。
「感じない」状態と「受け入れる」状態は似ても似つかない。
「感じない」は、閉じている。
受け入れる時は、すべてを感じ意識し開いている。
死を受け入れるには、恐怖を感じる自分を認め赦すことだ。
わしゅさんがメッセージに書いてくださったように、「人間らしくある」というのは
この点でとても大切だと思う。
人間は感じる生き物だからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です