まず神の王国を求めなさい

相変わらず、スピリチュアルと世間で言われていることのぼんやりした全体像と
引き寄せの法則とホ・オポノポノブームには違和感を感じている。
でも中途半端なことを言っても反感を買うだけだと思うのでなかなか言葉にできなかった。
一つ一つは別にそれでいいのだと思うんだけど
それで人間が本当に幸せになったり、求めているような世界を作ったりするのかと言えば
そのとおり!とは言えないと思う。
いつも思うけれど、ツールとして役に立てることはできるけれど
それはあくまでツールなのだ。
現にツールとして、クライアントさんにはお勧めもしている。
ついでに言うなら、スピリチュアルで社会的に成功するとか
お金持ちになるとか、健康になる!というスローガンにすら違和感を覚えてしまう。
もうこんなこと言ったらセラピスト失格の烙印を押されて
追放でもされそうな気さえするけれど
でも、もう引き返すこともできない。
だってここへ来てその違和感は私の中で確固たる真実味をおびているからだ。
私は自分自身が世間の一般的な価値感や尺度とは結構違う育ちをしているし
自分がスピリチュアルの世界へ導かれてたいきさつも
決してみなさんには当てはめることができず
お勧めはしないけど私はこうだった、という風に捉えてきたので
この部分がいったいどうなんだろうというところまでは行き着かずに(行き着かせずに)
来たのかもしれない。
私の中のどこかで、それでも一応の成功とか、一応のしるしとか、
そういうものが訪れてから考えてみればいいと思っていたのかもしれない。
でもどうやらそれももう、私には必要のない概念だったという状態になったようだ。
いらない、ということを受け入れて、薄々感じていた違和感を受け入れると
驚くほど私の中身はすっきりとしてしまった。
スピリチュアルに興味があって勉強している人の中に
どれくらいそれによって人生を変えた人がいるんだろう。
勉強しているうちにサイキックの能力が開花して
自分は進化した、と思っている人もいるかもしれないし
その逆の人もいるだろう。
だけど、スピリチュアルって生活家電みたいにちょっとづつ生活の中に取り入れて
生活が便利になりました、とか、シンクロが増えて楽しくなりました、とか
そういうことではないのだ、と、私は思います。
私はそうではありませんでした。
本当に、心底エゴの法則のこの世を生きることに絶望していました。
このことは何度も書いているけれど
これまで私は、私の場合はその辛さが半端なかったからな~
みんなそういうわけじゃないし、と思っていました。
ですが、多分、どんな人でも、エゴの法則で成り立っているを捨て去り
愛の法則である世界に生きない限りは
本当の幸せ、本当に満たされて生きること
目覚めて生きることなどできないのだとなぜだか今日はっきりわかりました。
エゴ、と聞いてわがままとか自分勝手を連想してしまう人は
まずここでのお話しは理解できないと思う。
まず、エゴとは何かについて学ぶ必要があります。
私がいつもお勧めしているマインド・トレーニング
エゴの性質を学び、
まず自分のエゴに気づき再教化するのにとてもいい入門書であり決定版だと思います。
瞑想のやり方もたくさん載っています。
当時はこれが瞑想だともわからずにやっていました。
それと最近、ニュー・アースを入手しましたが
これは人類に対する新しい段階の試みだと思いました。
読み心地はあまり良くないかもしれません。
でも多分、必要です。
最初はなぜ今さら「目覚めよ!」なんていう言葉で呼びかけるんだろうと思いました。
ですが、多分これが真実なのだと思いました。
私個人の話ですが、最初に出会った本で多分これが真実だと思ってから
すぐに実践したことがあります。
その本には、意識の4段階というのが書かれており
最も深い意識を超意識(神とか大いなるものと呼ばれているもの)と呼んでいて
その世界は完全なる調和によって営まれている。
完全なる調和を生きるためには、
霊の理想(第一の理想)を生きると決めなさい、とありました。
そしてその霊なら実際にどのようにこの世を生きるだろうと想像して
それを決めなさい。(第二の理想)
そして、それを紙に書き、そのように生きなさい。
それがどういうものかわかるかどうかは重要ではありません。
つまり自分の魂の在り方を決めるということです。
そう決めて生きると、それを知る体験をすることになります。
このことは、ツール、ということと少し違うような気がしませんか。

“まず神の王国を求めなさい” への6件の返信

  1. 先日は絵本の紹介ありがとうございました。
    「大きな木がほしい」と、「しろいうさぎとくろいうさぎ」、どちらも知らない、と思いましたが、「大きな木がほしい」は見つける事ができませんでした。
    「しろいうさぎとくろいうさぎ」は買う事ができましたが、、、家にありました(汗)
    しかも、思い起こせば私自身も読みきかせたことがある本でした。
    真理は一つなのかもしれませんが、皆様のスピリチュアルという言葉の捉え方、理解の仕方で答えが変わりそうな気がします。
    今私は人間らしくあることがそうなのかなって思ってそれを意識しています。
    求めるところは、表面的にはお金や健康もありますが、本質的には満たされ幸せであることだと思います。
    思い込み・価値判断を手放す。
    あるがまま。
    受け入れる。
    今を生きる。
    教えていただいた言葉を感じられるようになってきました。
    あるがままを受け入れるというのは、
    >死をも受け入れる
    そういうことなんだろうな、と数週間前に考えていましたが、そこに深く入ると、死を怖れる自分・真ん中にいない自分を感じました。
    怒りは怒り、と、切り離せるようにはなってきたんですけどね。
    どれくらい人生が変わったかは分かりませんが、以前よりもずっと楽しく、気持ちよく生きていることは間違いないです。
    AZUさんのおかげでもあります。
    感謝♪

  2. わしゅ72さん
    —-
    こんにちは^^メッセージありがとうございます。
    絵本のことなのですが、「おおきなきがほしい」は全部ひらがなでした。さとうさとるさんと村上勉さんのコンビはコロボックルの本をたくさん出しています。コロボックルは私たち兄弟の中ではずっと一緒の存在だったことを思い出しました。 http://item.rakuten.co.jp/book/119161/
    ここにありました。
    あと「おおきな木」はやはり名著で76年の作品だそうです。 http://item.rakuten.co.jp/book/1207203/
    どちらもレビューが多いのでやっぱり幻じゃなかったんだと思えました^^
    しろいうさぎとくろいうさぎ、お持ちでしたか~・・私大好きです。
    わしゅさんのお書きになる文を読ませていただいて、わしゅさんの変容ぶりを感じています。
    こころのスペースがとてもひろく大きくなられていく感じがしています。すごいなーと思っています。
    こちらこそ、感謝でいっぱいです。

  3. ツールをうまく使いこなせないと本質的なモノが得られないというか・・・。
    「合理的」過ぎて、、、。
    引き寄せの法則とホ・オポノポノの本を読んだ当初はいい内容だと思っていたのですが、醒めちゃいました。

  4. openheart_hirokoさん
    >ツールをうまく使いこなせないと本質的なモノが得られないというか・・・。
    >「合理的」過ぎて、、、。
    >引き寄せの法則とホ・オポノポノの本を読んだ当初はいい内容だと思っていたのですが、醒めちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。