天使との対話

肉体を持ってるほうの天使の話しですが。
ピアニスト・広重千草さん。
毎週金曜日、サンクでライブをしています。
今年始めからサンクで一緒にできるようになって
私としては、これはもうこの上なく幸せな状況。
しかも、3ステめには、ベースの奈良勇さんが
休憩時間を捨てて、参加くださるという幸せ。
このセッションを重ねる中で
私の魂はどれだけ磨かれてきたことでしょう。
演奏中、時空を超えて、今の自分を眺めていることがよくあります。
トリップさせてくれます。
広重さんとは演奏だけではなく
ステージの間の30分にいろんな話しをします。
大体が魂や意識や人生についてです。
私はその時間もとても楽しみです。
先週は風邪をひいてしまい、家を出るまでかなり厳しい体調だったのですが
銀座に着いてサンクに向っているうちに
なぜかからだが軽くなり、ウキウキして笑顔まで出てしまいました。
天使広重千草は
「毎週アズちゃんとここで会うと、
その前の一週間に考えていたことの答えがもらえるんだよね。
それで気づいてまた一週間経つと
次の気づきがあるんだ。
そうやって毎週必ず気づくんだよ。
アズちゃんを通してかみさまが働いてるんだよね。
かみさまが働くって、すごいことなんだよ。
わたしがそう言われたら、一番の褒め言葉だと思うよ。」
と言ってくれました。
そういうことを伝えてくれる彼女が
私にとっては天使そのものなのです。
Image088.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。