雨の音

雨の音がしています。
私は人生の旅の途上にいるようだけど
実は、その旅には前も後もないんじゃないかという気が最近よくする。
その旅にあるのは、今。
常に在るのは今だけ。
その、今はすべてを内包し
あらゆる光を人生に与えている。
だから私は今、無限という存在になり得る。
今をいくら足していっても無限にはならないけれど
今の中に無限はある。
そういう感じを味わっている。
例えば過去の私は、まるで知らない他人のように
今の私に影響していない(感じがしている)。
それはただ存在しているだけだ。
そういう感じを人はもしかしたら非情だと嫌うかもしれない。
だけど、だからこそ、過去の自分をも愛せるのだと思う。
過去の上に成り立っている自分や
今の自分を作っている(と信じている)過去に持つ親しみは
愛着、執着なんだ。
さよなら~♪
ってことを繰り返していると
真実の自分が拡大していきます。
そして、今にいることが容易になっていきます。
今に100%いる、というのは
硬直したイメージではなく
過去からも、起こっていない未来からも完全に解放されていること。
その時こそ、深い叡智やあらゆる生命とつながれる。
自分が為してきたものなどないに等しい。
為したという幻想を手放すと
自分が現れる。
逆説的ですが、そんな風に思っています。

“雨の音” への4件の返信

  1. ふむふむ。
    なかなか興味深いっすね!
    今現在流れてる時間に対する反射神経というか、
    今に反応しているのが自分ってことなのかな??
    でも、そういう視点というか感性というか。
    とても刺激的です。

  2. AZUさん
    はっとして、何度も読み返しました。
    そしてちょっと寝かせて、外をぐんぐん歩いているときに、
    またこのことに思いを馳せてみました。
    今の私をつくってきたこと全部に対する愛着、たしかに大きいです。
    経験すべてに自負がある。…そうか、自負なのかと。
    それすら執着であるとみなしてみる。「ええー、そんな。」と思う自分もいて、
    でも試しにそうみなしてみますよと、決めて、そうしてみる。
    切り離して、それらとまったくの無関係であるただの今を、感じてみる。
    ということをしてみたら、
    おおお、ちょっとこれは、すごいぞ、
    となりました。
    日々是実験。
    AZUさんに感じる自在さは、
    存在としての自在さなのだなー。
    大きなヒントをいただきました。
    ありがとうございます。

  3. mako-tさん
    >ふむふむ。
    >なかなか興味深いっすね!

    >今現在流れてる時間に対する反射神経というか、
    >今に反応しているのが自分ってことなのかな??


    >でも、そういう視点というか感性というか。
    >とても刺激的です。

  4. ショージさん
    >AZUさん
    >はっとして、何度も読み返しました。
    >そしてちょっと寝かせて、外をぐんぐん歩いているときに、
    >またこのことに思いを馳せてみました。

    >今の私をつくってきたこと全部に対する愛着、たしかに大きいです。
    >経験すべてに自負がある。…そうか、自負なのかと。
    >それすら執着であるとみなしてみる。「ええー、そんな。」と思う自分もいて、
    >でも試しにそうみなしてみますよと、決めて、そうしてみる。
    >切り離して、それらとまったくの無関係であるただの今を、感じてみる。

    >ということをしてみたら、
    >おおお、ちょっとこれは、すごいぞ、
    >となりました。

    >日々是実験。
    >AZUさんに感じる自在さは、
    >存在としての自在さなのだなー。

    >大きなヒントをいただきました。
    >ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。