五月雨


よく降りました。五月。
6月は意外と晴れちゃっりして。
昨年育てたラベンダーやガザニアは今年も花を咲かせ
マリーゴールドは自然に種が落ちて発芽し
やはり花を咲かせた。
花を咲かせてる姿って、なんてウレシイんだろう。
人が花を咲かせてる姿も本当に美しい。
昨日、ピアノの広重千草がサンクに帰ってきてくれた。
その音と姿に胸がいっぱいだった。
彼女が鍵盤に向き合う時
ものすごいエネルギーが回転を始めて
魂が擦れ合うような音を出す。
その姿は
生命が全叡智を集結して
花を咲かせてるみたいだ。
私のハートがすごく共鳴する。
私は安心してただ歌うだけでいい。
あふれるがままに歌うだけでいい。
彼女のフレーズに心を澄ませて
共鳴に任せればいい。
多分それで、普段伝えたいなと思っていること以上が
伝わっている気がする。
私は歌で難しいことはできないんだけど
そういうことはできる。
そういう自分をウレシイと思う。

雨の音

雨の音がしています。
私は人生の旅の途上にいるようだけど
実は、その旅には前も後もないんじゃないかという気が最近よくする。
その旅にあるのは、今。
常に在るのは今だけ。
その、今はすべてを内包し
あらゆる光を人生に与えている。
だから私は今、無限という存在になり得る。
今をいくら足していっても無限にはならないけれど
今の中に無限はある。
そういう感じを味わっている。
例えば過去の私は、まるで知らない他人のように
今の私に影響していない(感じがしている)。
それはただ存在しているだけだ。
そういう感じを人はもしかしたら非情だと嫌うかもしれない。
だけど、だからこそ、過去の自分をも愛せるのだと思う。
過去の上に成り立っている自分や
今の自分を作っている(と信じている)過去に持つ親しみは
愛着、執着なんだ。
さよなら~♪
ってことを繰り返していると
真実の自分が拡大していきます。
そして、今にいることが容易になっていきます。
今に100%いる、というのは
硬直したイメージではなく
過去からも、起こっていない未来からも完全に解放されていること。
その時こそ、深い叡智やあらゆる生命とつながれる。
自分が為してきたものなどないに等しい。
為したという幻想を手放すと
自分が現れる。
逆説的ですが、そんな風に思っています。

自分に許可


スピリチュアルの世界では
「それ」を実現するには自分に許可すればよい
というようなことを言います。
最近、エネルギーワークを楽しんでいると
それがどういったことなのか
改めてわかることが多いです。
例えば誰かが「だけど、わかっちゃいるけど、難しいよね?!」と言います。
すると「そうだった、難しいと、私も思ってた!」と感じます。
今は「それは難しくないぞ、難しいとすればそれがあまりにシンプルすぎて
受け入れ難いと感じるマインドがムズカシイ・・・」と感じます。
人間は、手放す、ということにものすごく恐怖を感じるものなのだな。
でも、何かを握り締めてキープしようとすればするほど、それは困難です。
もし周りにいる誰かが、
とても軽やかで新鮮さを失わず、ナチュラルな輝きを持ち続けているなら
その人は多分、手放しているはず。あらゆるものごとを。
手放し上手はエネルギー遣いの名手ですね^^

からだのなかみ

先日献血しました。
3年ぶりくらい。
それで、3年前と去年の健診の結果と今年初めの検査の時と今回で
データを見比べてみたら
どんどん良くなってる^^
もともとどこも悪くないのですが
全体的に栄養控えめで
やや貧血に近かったのが改善されています。
コレステロールとかはね、ずっと標準以下なんですよね。
中性脂肪も。自慢ですけど^^
何が良かったのかな~。
最近は、ほとんどお肉を食べていなくて
夜は山盛りの生野菜。
朝はフルーツジュースと手作りのパン。
そこにくるみとレーズンが入っていて
そのままでおいしいので何もつけずに食べます。
日中は好きに食べます。
あと、暖かくなってきてからはお水は2リットル以上飲んでます。
瞑想が増えました。
エネルギー強化しています。
ストレスは減っていると思います。
うん、そりゃ、いいよねڤ
数字に出るってわかりやすくていいですね。