みみ

ちょっと耳の調子が悪くて耳鼻咽喉科に行ってきました。
何年かに一度くらい、子供のころから調子悪くなります。
昨日は、外耳炎と内耳炎両方、と言われました。
鍼灸師の夫に伝えると、耳は腎と繋がっているということ。
そういえば足先がこのところ冷えて
お腹がちょっと重たくて
と、気になるところを伝えて行くと
腎で脾をあっためるところが腎が弱って脾をあっためられない・・云々。
なので弱ってるところを補ってあげるような鍼とお灸で
背中のこわばりもとれ、お腹の調子も良くなり
むくみもすっきり、
つまり、健康になるということは
見た目がきれいになるということなのです。
エステもいいけど
鍼灸は体質を改善しながら弱いところを元気にして
結果、きれいがついてくるから
自己管理のツールとしてとてもお勧めです。
からだに意識を持ってる人は、鍼灸で自己管理してる人がとても多いですよ。
私は風邪も頭痛も鍼で治してもらいます。
それは夫と出会う前からそうしていました。
ここ数年では咽喉が強くなったと実感しています。
以前はしょっちゅう扁桃腺を腫らせて泣いていましたが
ほとんどそういうことがなくなりましたょ。
鍼というと肩こりに、さす、ものだと思っている方が多いようだけど
肩こりだって、何処が原因で症状が出ているか
それぞれです。
体質と原因から鑑みて全体を調整していく治療法、
私にはありがたいツールです。

“みみ” への2件の返信

  1. いい旦那さんだね。
    鍼灸治療は受けたことないし 受けねばならない病気にもなっていません。まあ幸せなことだと亡き母に感謝。年内にお墓参りに行ってこよう。
    イタリアの写真、来年にしましょう、お二人で良い年をお迎えください

  2. 270さん
    >いい旦那さんだね。
    >鍼灸治療は受けたことないし 受けねばならない病気にもなっていません。まあ幸せなことだと亡き母に感謝。年内にお墓参りに行ってこよう。
    >イタリアの写真、来年にしましょう、お二人で良い年をお迎えください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。