みつけた

わたしが何をめざしていたのか、みつけてしまった。
これでした。
この著者は、そうです。数年間ほとんど食物を摂らず、光だけで生きている人です。
前作のこの著は知っていたのですが
食べない人というインパクトが強すぎて、まだ(私は)いいやと思っていました。
でも、神々の食べ物を読み始めて、ビシィっとわかってしまいました。
私は、現世での最大の贈り物はパートナーだと思っています。
私がパートナーに望むことは、私と一緒に冒険の旅を楽しんでほしいということ。
変化を恐れず、人間や地球の未知の部分に好奇心を持ち
楽しんで発見して味わって生きるという冒険を一緒に楽しみたいというのが
私の夢でした。
そりゃぁ望むところだ、ついてきな!と言ってくれるようなパートナーと一緒になれて
さて、次なる冒険のテーマを具体化しなければ・・と思っていた矢先です。
私は、何かの分野で達人やら一番になる、というような願望は
とうの昔に消えています。
もし一生に一度だけ魔法を使えるのなら
私はいつでも魔法を使えるようになる魔法をかける!と思います。
私は、自由な存在になりたいのです。
『自由とはあらゆる命を尊び、その繋がりを知ることだ』
というようなことを以前日記で書いたように思うのですが
なぜ私がそう思ったのか、ということも
この本を読むとよくわかりました。
完全に自由であるということは
あらゆる飢え(欲すること)から解放されることであり
必要な滋養はすべて(肉体のための栄養であろうと)
内なる神から得ることができるという道に至るということでした。
もちろん現時点で私は食べることをやめるつもりはないですが
ずっと以前から感じていたのは
何を食べるか、よりも、どんな思いでいるか、のほうが
からだに及ぼす影響はずっと大きい、ということでした。
栄養成分やカロリーは私には、世間で言われるほど重大ではないと感じていました。
自分は、ここで何をするんだろう?とか
その先になにがあるんだろう?とか
少しでも思い当たる人にはお勧めです。
私はまたDNAが目覚める音を聴いています。


人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^

“みつけた” への6件の返信

  1. あまりにすごいお話でびっくりしましたが、
    何を食べるか、よりも、どんな思いでいるか、のほうが
    からだに及ぼす影響はずっと大きい、ということでした。
    というのは、大いに共感です。
    ストレスないとおなかは減りませんしね。

  2. おお!私もこの本、今ちょうど読んでるところです。^^

  3. Jこさん
    >あまりにすごいお話でびっくりしましたが、


    >何を食べるか、よりも、どんな思いでいるか、のほうが

    >からだに及ぼす影響はずっと大きい、ということでした。

    >というのは、大いに共感です。
    >ストレスないとおなかは減りませんしね。

  4. まき貝さん
    >おお!私もこの本、今ちょうど読んでるところです。^^

  5. 年を取ると治りが遅い。やっとなんとか都心に出られるようになりました。来週AZUとだんなさんの都合のいい日と時間を知らせてください。遅い時間帯はご容赦ください。場所は田町のそばです。

  6. 270さん
    >年を取ると治りが遅い。やっとなんとか都心に出られるようになりました。来週AZUとだんなさんの都合のいい日と時間を知らせてください。遅い時間帯はご容赦ください。場所は田町のそばです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。