モンスターにやられた!

シャーリーズ・セロン、私は前から好きだったんですが
彼女が13キロだったかな?増量して挑んだ、実在の死刑囚の話し
『モンスター』をギャオ(完全無料パソコンテレビ)で見ました。
2回みちゃったんだけど、まだ見たいです・・・。
そしてしかも、気持ち悪いです。かなりブルーです。
だからこそ、もうしばらく見たいです。なんともなくなるまで見たいです。
そういうのってないですか?
この主人公のリーは娼婦で(しかも超安い!)本当に救いようのない(最終的には)女なのですが
でも最終段階以前は普通の善良なそして不幸な生い立ちの女だったと思う。
外見的にはそういう苦労やすさんだ生活や他者から受けてきた扱いが姿かたちに反映されて
とても薄汚く臭そうで醜い。
この役を、美しくキュートで魅力的なシャーリーズ・セロンが演る必要があったんだろうか、と
一瞬思ってしまうほどだ。
実際、リーを演じているであろうシャーリーズの姿は画面のどこにもなかった!
悲しげに顔を歪めるシーンの2カットの中にコンマ数秒、
ああ、彼女なんだと思わせる目の表情が見えるだけで
ほとんどは彼女の姿はそこにはないのだ。
でも、100%、あの姿を作ったのは彼女だ。
そして多分、あそこまで完璧でリアルな(実際のリーをもちろん私は知らないけど)
リーを演じられたのは、彼女しかいないだろうな。
なぜ私がそう思うかというと、そこに映っているリーがどんな生い立ちで
そこから深層心理にどんな影響を受け運命の節目節目でどんな選択を強いられ
そしてまんまと運命の罠にはまり、作り出す人生から逃れられなくなって行ったかが
あからさまにそこには刻み込まれているからだ。
例え実際のリーと彼女が全然似ていなかったとしても、
映画のほうがより真実を映し出していると言っていいだろう。
(でも、以前見たリーの写真の顔つきとシャーリーズのそれはそっくりだった)
何がいいたいかと言うと、私はシャーリーズ・セロンという女優の中に
そういった得体の知れない悪魔が作り出す闇が実在し
それを形にして白日の元へさらさない限り逃れ得ない呪いみたいなものがあるんだろうと
とてもリアルに想像できるし、
それを見てわが事のようにかき乱され揺さぶられる自分がまた
同じ類の呪いの中にいると感じることを禁じえないということだ。
でも、彼女はしっかりとひかりの側に戻ってきたし
(行ったきりの噂は聞いていないからきっとそうだ)
私だって行ったきりになったことはない。
最終的には、正しい選択をするに違いない。
でも、彼女はそのためにも、職業として女優と言う仕事を持つ必要があったんだと思う。
職業だからそこには客観性という命綱がかけられ最終的に賞賛が与えられる。
どんなに狂っても戻ってくる。
それがプロの掟だ。
いつも応援ありがとう~^^7位をキープ^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

人生は祭りだ

昨日はちょっとお散歩に高円寺まで行ったら、偶然阿波踊りの真っ最中でした。
地元沼袋でも昨日今日はお祭りです。そんな季節なのですね。
高円寺に8年も住んでいながら、阿波踊りを満喫したことがほとんどなかったな。
なんか、働いてたんですよね。
で、昨日は軽く「見る阿呆」になって来ました^^ 
以前チラッと見た駅前でやるエキシビジョンみたいなのを見て
男踊りに惚れたことがあります。
私は大学では和太鼓キチガイだったくらいで
和もののリズムと音が好きです。
今でもマイ・バチを持っていて、機会があったらいつでもたたきたいと思ってます^^
太鼓も最初は先輩にしごかれておとなしくしてましたが
先輩になるにつれ、ずうずうしく男の子に混じって
男太鼓ばかりたたいていました。
女の先輩から「ミオが一番かっこいい」と言われたことがあります。
男踊りは手にちょうちんを持ってぐにゃぐにゃと回しながら
ものすごい腰を落としてすたっと回ったりします。
エキシビジョンだからきっとうまいチーム連だったんだと思う。
昨日流して見た限りでは惚れるにはいたらなかったな。
でも日本のお祭りはいいです^^
演劇はもともとお祭りから来ています。
大学の演劇専攻なんて本当に毎日がお祭りでした。
日本では演劇がなかなか職業として成立しないけど
あんな商売がうまくいっちゃったら、もう本当にごはんと味噌汁とおふとんくらいあれば
他に何にもいらない人生になっちゃうんじゃないかなぁ。
私の大学の3年間はもうそんぐらいに楽しかったです。
太鼓も得意だったけど、私が普通の女の子とちょっと違ったのは
太鼓のかけ声がもう異常に得意でした。
今思い出してたんだけど、先日ボイス・ヒーリングの先生に
「武道やってましたね!」と言われたのは、和太鼓が始まりだったかも。
はーぁっ!!やぁっ!!とか言うあの気合のかけ声。
昨日の阿波踊りでもそれを聞いたとたんにもう血が騒いでしょうがなかったんだ。
ちょっとあの声、日常では出せないから
やっぱりあの声を出すためになんかやろうかな、なんて思ってしまいます。
ボイス・ヒーリングの先生も言ってたけど
そういう声だけで「邪」を払えるんですよね。
天と地とも繋がれる。
和太鼓は演劇そのものだし太鼓も演劇もお祭り=神さまと一体になるものだから
だから私は演劇とか太鼓とかが好きなのかな。
私はしょっちゅう気分が変わりやすく、人生についての感じ方考え方も
ころころと変わっていきます。
さっきまでそこにいてももういない、って感じです。
だけどひとつだけずっと変わらないことは
私は神の子として愛を体現するために生きてるんだという実感です。
後はおのずとかたちがついてくるものだと思っているので
いろんなことを試して自分に合っていればそれでいいんじゃないかなと思っています。
何かひとつに決めてしまうと自分の魂の成長にかたちがおっつかないみたいです。
でも、自分の心の深い部分に立ち返ってみると
流れの底にいつも変わらない思いがあり
その声を聴くと心底落ち着くのです。
還るところがあるから、私たちはお祭りをぴょんぴょん飛び跳ねながら
生きていけるんじゃないかなと思ったりします。
いつも応援ありがとう~^^7位です!
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

麗しのアロマ

アロマオイルは生活の一部です。
以前に香水のことを書いたけど、最近は化粧水。
何しろ夏にはもう手放せません。
作り方はあまりに簡単。  水、精油。以上です^^
私の場合は、スプレーボトルに秘密があります。
アンチエイジングの鬼がお勧めしている普段お使いの化粧水を、このボトルに入れるだけであっという間にもっと浸透する化粧水に早変わ...このボトルに浄水
(もちろんお気に入りのミネラルウォーターでも可)
を入れ、お肌に効果的なアロマを入れます。
私は、基本のラベンダー、引き締めとむくみ解消のジュニパー・ベリー、
女性の美しさにとっておきのフランキンセンス、
若返りのオイルと言われているローズマリー、
殺菌効果が高いティーツリー、殺菌と清涼感で夏に最高なペパーミントなどを使っています。
肌に対しての美容効果とともにそれぞれメンタル面にも鎮静効果などがあります。
濃度は水50mlに対して1滴が基本です。
このボトル(大)が200mlなので、4滴が基本ですね。
私はラベンダーだけは高濃度でも大丈夫なので、
数に入れないで結構たくさん入れちゃっています。
試される方は自分のお肌と相談してね。
精油もあまり安価なものは品質が心配なので注意して選んでください^^GAIA ラベンダー・オーガニック 5ml
とっても細かい霧のアロマに包まれると、リフレッシュすることこの上ないです^^
あちこちに持って行ってるけど、行く先々で大好評です。
潤いがほしいときはにがりを数滴入れます。
グリセリンを使うとその辺で売ってる化粧水以上のものになります。
私はグリセリンが嫌いなので、にがりで。
フランキンセンスは高価なオイルですが一滴でお肌がぴしっぷりっと張りますよ。
女性のホルモン系に働いてくれるオイルです。
汗をかいたらわきシューのかわりに。衣類にもシュー。
ミントのすーっは癖になります。
暑さを忘れちゃうほどですよ^^
いつも応援ありがとう~^^7位になってますぅ^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

スクワットの成果?

仕事帰りに中野から歩いていると
キャバクラのキャッチらしきスタンドカラーのスーツの兄さんからスカウトされました。
久々だなぁ・・・なんて断ろうかなと思いつつ
「そういうのはやりません・・・」と(あはは、素人っぽくね)言うと
「そういうのはやらない・・そういう人が売れるんですけどねぇ・・!」
さすが、ちょっと年季が入ってる、プロだなぁと思いつつバイバイしました。
プロだけど私の年齢は見破ってないんだろうな(笑)
スクワット始めてから一週間くらいだっけ?
その間に尾瀬山歩きとか(旅行中はがん食い)あったけど
引き締まり感を実感してます。
股関節がコキンって鳴る癖があって結構いやだったんだけど
それもだいぶ治まってる。
階段を上るときに足が軽い。全体的に動きがスムーズになりました。
ついでに足のむくみもだいぶいい。
入らなかったスカートが入った。
いいこと尽くめじゃないですか!
なるほど、森光子さんと黒柳徹子さんの(化け物たる)秘密がちょっとわかった気がします。
ご飯を減らしてる場合じゃありません。(最近は以前よりだいぶ食べてます)
徹子さんは、氷あずきがダイスキで寝る前にベッドでよなよな食べてるそうですからね^^
ちなみに回数はお二人に習って1日100回です。
20回のセットを5回やるのでまぁきついけど不可能ではありません。
100回の理由は、お二人に負けるわけには行かないから!
ちなみに森光子さんは、私が生まれる前にドラマでうちの父のお母さんの役で父が共演してます。
ただしスクワットは膝や腰に結構負担があります。
浅くても効果はありますので、いきなりやり過ぎないようにご注意ください。
関節が弱い方は気をつけて。
でも関節の周りの筋肉を鍛えてあげないと弱っていくいっぽうですから
体の声を聞きながら優しく導いてあげてくださいね^^
[写真は沼袋の平和の森公園]
いつも応援ありがとう~^^8位になりました^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!