ボイス・ヒーリング ワーク

行ってきました。
音楽療法歴20年などの天音(川瀬 裕康)さんのワークショップ。
おもしろかったし効果も感じました。
でも正直、新しい驚きみたいなものはなかったです。
スピリチュアルの勉強と実践をずっと自分でやり続けていて
とにかく私は自分で学んで実生活で試す主義。
そして自分なりのメソッドもあります。
今日の天音さんもおっしゃってたけど、結果が出なきゃ意味がない。
変わらないならわかっていないも同然と私は考えます。
たまーに、他の人はどんなふうにやってるのかな、という感じでどこかへ顔出したりするけど
やっぱり自分で知ってることが多いです。
声に関しては現在私が最も時間を費やして取り組んでいるし
日々の糧もこれで稼いでいるくらいなので(歌、声優、催眠療法、全て声)
自分なりにかなりいろんなことをマスターしてきたんだな、という確認が多かったです。
理論もほぼ、というかまったく同じでした。
倍音について興味があったのですが、
(私は専門家に倍音が出やすい声と言われていて、自分の声に効果があるとしたら
この辺がポイントかなと思ったのです)
それについても特別な秘密の伝授はありませんでした。
これ、質問するの忘れたんだ、うっかりしてました。
途中で、頭から下のチャクラ全てを貫いて地下まで通す気合の声というのを
イェイ!!エイ!!と出すレッスンがあったのですが
やってみたら私の声は天を裂く勢いで、先生がびっくりして
「おーこれはなんですか!なんか武道やってますね!」と言われ
「いいえ、やっていません」と答えるのに
「いや、やってるでしょう、なにやってますか?」とおっしゃり
「演劇の訓練のせいだと思います」と言うと
「ああ、演劇ですか!演劇の訓練は他のどんな訓練よりもすごい。
演劇の訓練してる人は一番強いです!」と言い切られたのに
『あぁやはりそうか』と思いました。
私がこれまで生きてきて最も病んでいたのは大学に入る前です。
大学で演劇を学び、このときほど驚きと衝撃を受け、
同時に自分が変わるところをみたことはありません。
私は再生し、さらに人一倍、輝く自分に出会いました。
私は玉川大学の演劇専攻(演専)と、当時学内で先輩らと旗揚げした劇団(プロジェクトM)で
演劇の基礎を徹底的に学びました。
それは多分普通は想像もできない内容です。
演劇の訓練とは体と心と魂を徹底的に知り、鍛錬し、
この3つを1つに繋げコントロールできるようにするという
超人的なプログラムなのです。
そしてそこに必要なエネルギーを注入します。
それは『愛』です。
そこで初めて舞台という高みから下界に向かって
時には神として、時には悪魔の代理として人々に投げかけ揺さぶることができる。
私にとって演劇とはそれ以上でも以下でもないそのものです。
声や表情や感情の波動によって観客や共演者を揺さぶり問いかけ共鳴させます。
それが役者の仕事です。
今日の私の根幹を作ってくれたのはこの『演劇』に尽きると思うのです。
これはマスコミで売れているとか名があるとか儲かっているとかいないとかいうこととは
次元が違います。
今思い出しましたが、当時の演出家は私のことを最も早く『天才』と気づいてくれ
私の役者としてのからだを信頼してくれていました。
私が最終的にうまく言えないセリフは『真実』じゃないとして
セリフの方を訂正してくれましたし、
「ミオは(他の役者とは)違う次元で芝居をしている」と言ってくれました。
ある時は私と男の子とのシーンで、演出家のダメだしは
「たっちゃん(相手)がそうだと今ミオは小さくなってるのね。
たっちゃんを大きく見せるためにミオが小さくなってあげてるの。
ミオ、小さくなんないでいいから。たっちゃんが大きくなって」
これ、オーラというか、人間性の話です。
でも、舞台ではそういう関係性がちゃんと目で見えてしまいます。
役柄の関係性を成立させるには、そう見えるようにならなければなりません。
この後たっちゃんは稽古場で号泣しました。
技術とか演技力を超えた問題なので、
役者は稽古中に人間がでかくなったりしなきゃならないから
本当に大変だし超人的で面白いのです。
芝居の稽古というのはだいたいこういう自分の枠とか限界とか言われている壁との戦いです。
そういうのを超えないと役の人間なんて掴めないものですから。
だから確かに天音先生の言ってるように、演劇の人は強いです。
(もちろん本気でやった人だけです。存在をかけて)
ついでにニューヨークでヴォーカルのレッスンを受けた時の感想も
やはり、基本は演劇、でした。
ボーカルを本格的にやったことがなかったので、
演劇とは違う何か秘密があるかと思い取り組んだのですが
やってみたらまったく同じで驚きました。
特にニューヨークのようなエンターテイメントの街で通用する声、というものを
その時私は掴んでしまった。それまで生きてきた道が自分の中で一本に繋がるような体験でした。
・・・ああそんなわけで、私の今の課題は、今の私にとって必要なものといらないものが
極端に天地のように別れて見えます。分別ごみみたいに。
分別ごみが見えたら分別して捨てなければならない。
これぞ幸せの法則です。実行実行・・・。
いつも応援ありがとう~^^9位です。あらら~・・
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

30代最後の一週間

です。
なんかやるべきことあるかな~^^
昨日はソフィアである紳士から
「きみは30歳に見える。ということは80歳までは現役でいけるんだよ。
あと40年現役でいけるってことだ」
と言われました。
なるほど、すばらしいご意見だな。がんばりたいと思います。
40歳として思うことは
これからはさらに、お気に入りな暮らしをしていきたいです。
例えば私は歌を歌って暮らしてるんだけど
さらにいい歌が歌える環境で歌いたいと思う。
例えば今、一生裕福に暮らせるだけの財力は手に入れてしまったとしたら
私は何がしたいだろう?
多分、もっとアグレッシブにチャレンジするだろうな。
NYでしたように、あちこちに出回って自分を売り込みにいくだろう。
もっと勉強もするだろうな。
間違いなく海外にはしょっちゅう行くだろう。
癒されに行くんじゃないよ、冒険しに行くんだ。
ワークショップやイベントを主催したりするだろうな。
からだとこころを使ったいろんな表現をみんなとするだろう。
いままで私が掴んできた事を統合して役立てたいと思う。
芸術と美と健康がテーマ。
ある程度基盤ができたら、まとまった文章も書きたい。
・・・うん。
そう方向性は違ってないけど、まだ生活に縛られて行動できずにいる面がおおいにあるな。
その辺から解き放たれようっと。
来週はボイスヒーリングのワークショップに行って来ます。
そ、ただ歌うんじゃなく、私の声に確実な効果があるといいなと前から思っていたので
そのための勉強です。
まぁこの10年は本当によくがんばりました。
はるかに成長したね。
肉体は、若返ってます。
(30歳の時一緒に仕事してた友達と先日再会したら、
若返ったので誰だかわからなかったと言われました^^)
よしよし。
いつも応援ありがとう~^^9位です。
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

両方生きてた!

皆さんにご心配おかけしました、うちのクワズイモちゃん、生きていました!
しかも両方。
両方というのは、ばっきり折れたイモから上とイモから下の両方、という意味です。
上の方のイモ部分からはすぐにでも根がでるんじゃないかと想像できましたが
下のほう(土に埋まった半分に折れたイモ)の方がどうなるか
余り想像できなかったのです。
でも、もちろんお水をやり気にかけていました。
イモから上からは数日前からプチプチと根が出始め
今日では白いひげのように伸びています。もう大丈夫。近々大きめの鉢に植えてあげる予定。
そして今日です。
鉢に残された欠けた球根のようなイモちゃんを見ると、
なんとイモの表面からプチプチと、こっちからは芽が出てきています。
・・・感動しました。
『芽』だったんだ!
そうよね、イモに必要なのは葉だものね。
私は深く納得しました。
生命の意思を。
クワズイモちゃんは育ちすぎて自滅したのでは断じてなかったんです。
イモコは、増えようとしたんです。まき貝さんの言うとおり「独立」したかったんです。
以前にまき貝さんがそう言ってくれた時、私は『そっか、独立か』と思いながらも
まだわかっていませんでした。
なぜなら、イモから上の部分だけが根を出したのならただの『引越し』ということになるからです。
けれど、今日イモコが示してくれた事実は『独立』であり『増殖』です。
私はイモコを百円ショップで直径5cmにも満たない鉢に植わった
ミニチュアのような状態で買ってきました。
普通の小さ目の鉢に植え替えてあげるとイモコはぐんぐん大きくなりました。
その成長ぶりで毎日びっくりさせてくれました。
どうなるんだろう(どうなりたいんだろう)とワクワクしながら見守っていると
ある日イモコはばっきり折れてしまった。
それで死んでしまったとしたらそれはものすごく不自然なことだと私は感じました。
生命に対する違和感を感じました。
イモコはそれほどまでに健康そのものに見えたのです。
確かに人口の肥料もやっていたし、小さな鉢植えではあったけれど
それで伸びすぎて自分を支えられず、子孫も残さず死んじゃうなんてことは
生き物として不健康だと私の中の直観が感じたのかもしれない。
だから今日、『両方生きてた』姿を見たとき私は
そんな不条理を吹き飛ばすような生命の力を見せつけられたような気分でした。
私にはイモコが本来住んでいるような森林が浮かんでいました。
そこでは土と水と光で健やかに育ったクワズイモが
もっと成長したいという強烈な意思のエネルギーでおのれの体を二つに裂きます。
イモから上は斜面を転がりイモから下のとなりに身を横たえる。
やがてイモから上は乾きを感じ、湿った土に向かって新しい根を下ろす。
イモから下は光を受けたい一心でその肌から新しい芽を出し葉をつける・・・。
・・・そうだ、間違いない。
イモコの生命は成長し続けている。
一見それは破壊のようでも。
いつも応援ありがとう~^^現在9位・・またよろしくお願いします!
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

それは、隠された悪を注意深く拒むこと

たまたまふらっと本屋さんに入り、スピリチュアルのコーナーを眺めていたら
中丸薫さんの本が並んでいた。
中丸さんは、私が所属しているプロダクション、メセナスの文化人セクションに在籍されている
国際政治評論家。
なんで精神世界のコーナーにあるんだろうと思い、立ち読みしてみた。
ぱらぱら読んでみたらすごい本だった!
以前、知り合いのNさんが中丸さんの本を読んで衝撃だったとおっしゃっていたんだけど
理由がわかりました。(Nさん見てますか?^^)
スピリチュアルなことを実践されている方はきっと政治にも興味をもたれると思う。
戦争と平和のことを考えるからだ。
貧困と飢えについて考えるからだ。
今、戦争の原因は宗教みたいに言われているようだけど
よく考えたらそんなはずないじゃないかと思い当たるはずだ。
確かに実際命がけで人を殺しいのちを落としているのは妄信する信徒かもしれないけど
戦争を起こしているのはそれによって私腹を肥やし大きな何かを動かしている闇の権力に違いない。
と、私は思っている。
彼女はそういった政治の裏と、魂や宇宙のことを関連づけて書いている。
これはちょっと読んでみなきゃと思います。
この国を支配/管理する者たち
いつも応援ありがとう~^^7位です^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!